日本語

Home > ニュース > コロナ対策緩和 試合前日の抗原検査不要、入場時の幟OK、試合数制限の廃止
ニュース

2022年6月20日 月曜日

コロナ対策緩和 試合前日の抗原検査不要、入場時の幟OK、試合数制限の廃止

 日本ボクシングコミッション(JBC)と日本プロボクシング協会(JPBA)は20日、新型コロナウイルス対策連絡協議会を開き、試合前日に実施されている抗原検査を基本的に不要とすることなどを決めた。

 現在、抗原検査は試合前日の計量時に出場選手を対象に行われているが、7月1日以降は37.5℃以上の発熱がある場合やドクターに検査が必要と判断されない限りは実施されない。

 また1興行の試合数についてはこれまで新人王戦をのぞき10試合が上限だったものを、控室の確保などを条件に撤廃。コロナの基本的な感染対策をとったうえで、入場時の幟も許可されるという。

 いずれもそれぞれの感染対策、健康管理は引き続きしっかり継続しつつ緩和されることとなった。

Related

関連記事