日本語

Home > ニュース > 京口紘人と寺地拳四朗の対抗王者ゴンサレス あすフロリダでWBO・L・フライ級V1戦
ニュース

2022年6月24日 金曜日

京口紘人と寺地拳四朗の対抗王者ゴンサレス あすフロリダでWBO・L・フライ級V1戦

 明日24日(日本時間25日)米フロリダ州キシミーのオスセオラ・ヘリテージ・パークで挙行されるWBO・L・フライ級タイトルマッチの計量が23日行われ、王者ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)が107.6ポンド(48.81キロ)、挑戦者9位マーク・アンソニー・バリガ(フィリピン)が106.4ポンド(48.26キロ)を計測。リミット108ポンドに合格した。

王者ゴンサレス(左)にバリガが挑む

“ボンバ”のニックネームを持つゴンサレス(25勝14KO3敗1分=31)は2019年8月、名古屋でWBOフライ級王者田中恒成(畑中)に挑戦し7回KO負け。2勝後、昨年10月WBO・L・フライ級王者エルウィン・ソト(メキシコ)に2-1判定勝ちで戴冠。明日がV1戦になる。

 対するバリガ(11勝2KO1敗=29)は18年12月、フューリーvs.ワイルダー第1戦のリングでカルロス・リコナ(メキシコ)とIBFミニマム級王座決定戦を行い、2-1判定負け。その後2勝して明日のリングに立つ。

 サウスポー同士の一戦は、ゴンサレスがオッズ3-1で有利と出ている。プロモーターはプロボックス・プロモーションズとトゥト・サバラ氏のオールスター・ボクシングの共同プロモーション。スポーツ動画配信のプロボックスTVが中継する。

 セミで昨年WBA・L・フライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)に挑戦したアクセル・ベガ(メキシコ)がアンヘリーノ・コルドバ(ベネズエラ)とL・フライ級10回戦。計量で両者とも107.8ポンド(48.90キロ)をマークした。Photo by Damon Gonzalez/ProBox TV

Related

関連記事