日本語

Home > ニュース > WBAミニマム王者ノックアウト 同胞ワンヘンに判定勝ちでライバル対決制す
ニュース

2022年7月21日 木曜日

WBAミニマム王者ノックアウト 同胞ワンヘンに判定勝ちでライバル対決制す

 WBAミニマム級タイトルマッチが20日、タイのチョンブリーで行われ、スーパー王者のノックアウト・CPフレッシュマートが挑戦者ワンヘン・ミナヨーティンに3-0判定勝ち。11度目の防衛に成功した。

ノックアウト(右)とワンヘン

 ノックアウトがWBA王者、ワンヘンがWBC王者に君臨し、長く“戦わざるライバル”として交わらなかった2人の対戦がようやく実現した。試合はともに決定打を欠く展開となりながら、読み上げられたスコアは116-112、117-111、119-109でチャンピオンの腕が上がった。

 31歳のノックアウトは24勝9KOで無敗をキープ。36歳のワンヘンは55勝19KO3敗1無効試合。現在、メジャー4団体のタイ人世界王者はノックアウトとWBCミニマム級王者パンヤ・プラダブスリの2人。

Related

関連記事