日本語

Home > ニュース > WBOがミドル級王者アンドラーデに指名戦オーダー 応じるか、S・ミドル級進出か
ニュース

2022年7月21日 木曜日

WBOがミドル級王者アンドラーデに指名戦オーダー 応じるか、S・ミドル級進出か

 WBOは20日、ミドル級王者デメトゥリアス・アンドラーデ(米=写真)に対し、同級暫定王者ジャニベク・アリムハヌリ(カザフスタン)と防衛戦を締結するよう通達した。交渉期間は30日で成立しない場合は入札に持ち込まれる。米国メディアが伝えた。

 アンドラーデ(31勝19KO無敗)はS・ミドル級4団体統一王者サウル“カネロ”アルバレス挑戦を念頭に、5月21日英国でザック・パーカー(英)とのWBO・S・ミドル級暫定王座決定戦が組まれた。しかしアンドラーデは肩の負傷を理由にキャンセル。同日ラスベガスで行われた暫定王座決定戦でダニー・ディグナム(英)に2回KO勝ちしたアリムハヌリ(12勝8KO無敗)がWBOミドル級暫定王者に就いた。

 エディ・ハーン氏のマッチルーム・ボクシング&スポーツ動画配信DAZNと契約していたアンドラーデだが、パーカー戦をキャンセルした時点で契約は完了したと言われ、WBOは元S・ライト級ランカーのドミトリー・サリタが主催するサリタ・プロモーションズへ通達を送っている。

 一方のアリムハヌリはトップランク傘下。アンドラーデが試合に応じないケースはアリムハヌリが自動的に正規チャンピオンへ昇格する。

Related

関連記事