日本語

Home > ニュース > 10.11日本ウェルター級タイトル戦 正規王者の小原佳太と暫定王者の小畑武尊が激突
ニュース

2022年8月10日 水曜日

10.11日本ウェルター級タイトル戦 正規王者の小原佳太と暫定王者の小畑武尊が激突

 三迫ジムは10月11日、後楽園ホールで開催する「ダイヤモンドグローブ」の主要カードを発表。メインの日本ウェルター級タイトルマッチで、正規王者の小原佳太(三迫)と暫定王者の小畑武尊(ダッシュ東保)が王座統一をかけて争う。

王者の小原(左)と暫定王者の小畑

 WBO9位、IBF14位にランクされるウェルター級の第一人者、小原は4月に予定されていた前王者、永野祐樹(帝拳)との防衛戦をけがでキャンセル。変わって永野と小畑による暫定王座決定戦が行われ、小畑が5回TKO勝ちで暫定ベルトを腰に巻くと同時に小原への挑戦権をつかんだ。

 35歳の小原(25勝22KO4敗1分)はS・ライト級とウェルター級で地域王座を複数獲得し、S・ライト級で世界挑戦経験もあるベテラン。永野を下して波に乗る24歳のサウスポー小畑(11勝4KO5敗1分)が小原の牙城に挑む。

 セミでは日本ライト級挑戦者決定8回戦、仲里周磨(オキナワ=1位)vs.鯉渕健(横浜光=2位)が行われる。東洋大出身の渡来美響(三迫)はプロ2戦目でロメル・ピニリ(フィリピン)とS・ライト級6回戦を行う。

Related

関連記事