April
19
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

17°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ヘビー級3冠戦あすサウジアラビアでゴング ウシクの返り討ちか、ジョシュアの雪辱か

ヘビー級3冠戦あすサウジアラビアでゴング ウシクの返り討ちか、ジョシュアの雪辱か

2022年8月20日 9時53分

 ヘビー級3団体タイトルマッチの計量が19日、サウジアラビアのジッダで行われ、WBAスーパー&IBF&WBO王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)が221.5ポンド(100.24キロ)、挑戦者の前王者アンソニー・ジョシュア(英)が244.5ポンド(110.90キロ)をマークした。

王者ウシク(左)と前王者ジョシュア。体重差は10キロだ

 両者は昨年9月に対戦し、不利を予想された元クルーザー級4団体統一王者のウシクがサウスポーの本領を発揮。ジョシュアの強打を空転させ、3-0判定勝ちでタイトルを獲得した。

 ウシクの体重は前回の対戦とほぼ同じ。第1戦でジョシュアの動きを見切っているだけに、今回も同じように戦えば勝てると踏んでいるか。ブックメーカー、ウィリアムヒルはウシクの勝利に1.53倍、ジョシュアの勝利に2.75倍のオッズをつけており、前回と反対にウシクやや有利とみられている。

 ジョシュアは第1戦から4ポンド半増やしてきた。今度こそは体格とパワーの差をいかしたいところで、「12ラウンド戦う準備が100%できた」とコメントした。もしジョシュアが予想を覆してノックアウト勝利を収めれば、新たに組んだロバート・ガルシア・トレーナーの手腕が高く評価されることだろう。

 セミでは、北京五輪銀メダリストのヂャン・ヂレイ(中)とフィリップ・フルコビッチ(クロアチア)によるIBFヘビー級挑戦者決定戦。元WBA・S・ミドル級スーパー王者カラム・スミス(英)、2階級を制したバドゥ・ジャック(スウェーデン)も出場する。

イベントの模様はDAZNでライブ配信される。日本では21日午前2時スタート。Photo by Mark Robinson / Matchroom

Related article
関連記事