June
22
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 次戦見据え京口紘人がハワイ合宿 谷口&宇津木とともに鍛える

次戦見据え京口紘人がハワイ合宿 谷口&宇津木とともに鍛える

2022年9月1日 19時19分

 WBA世界L・フライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)が1日、ハワイ合宿のため日本を発った。同門のWBOミニマム級王者・谷口将隆、日本ライト級王者・宇津木秀と3人で常夏の島を走り込む。

ハワイに飛び立った京口と谷口㊨、宇津木㊧

 京口にとって今回のキャンプ・トレーニングは、年内に計画される次戦を見据えた底上げが目的。ここまで4度防衛中のチャンピオンは米ダラス、そしてメキシコと海外防衛も成功させ、さらなるビッグマッチを目指している。

 深町信治マネジャーによると、キャンプ中はコンドミニアムに滞在し、ビーチと山の両方で下半身強化ならびにフィジカル・トレーニングに励む。現地のジムでジムワークも行うという。「雰囲気のあるところで走るのは楽しみです」と初ハワイの京口は言う。

 3人の中で次戦が最も遅そうな谷口は「サポートに加え、自分の練習もしっかりとします」。すでに次(11月、対ジロリアン陸)が決定している宇津木も「世界チャンピオン2人に付いて合宿に行けるのはすごく刺激になります」と意欲的だ。

 京口は今回の海外合宿が実現して「渡辺(均)会長のおかげです」と感謝することしきりだった。「下積みの頃に行けるのは必ずプラスになる。いい経験になると思うから」とかわいい後輩の宇津木に語っていた。ワタナベジム勢は現地で5日間みっちりとトレーニングし、7日に帰国する予定。

Related article
関連記事