May
25
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

22°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > いちご一会とちぎ国体 東洋大5人、西宮香風高4人が決勝進出

いちご一会とちぎ国体 東洋大5人、西宮香風高4人が決勝進出

2022年10月10日 10時38分

 いちご一会とちぎ国体ボクシング競技準決勝は9日、日光市大沢体育館で行われ、成年男女、少年男子の決勝進出者が決まった。

 成年女子はフライ級のみで加藤光(奈良・東洋大)と実力者の篠原光(東京・青山学院大)を下した木下鈴花(鳥取・日体大)が国体女王を争うことになった。

少年男子L級 秋元打ち終わりを狙う森脇(左)

 少年男子はこの夏のインターハイ優勝者ら上位選手が決勝に進んだが、ライト級はインターハイ決勝で対戦した秋元啓介(青森・青森山田)と森脇龍星(兵庫・西宮香風)が激突、森脇が攻めに徹して接戦を制し、高校王者を破った。西宮香風は準決勝に5人が進出、4人が決勝進出を果たした。

 成年男子はウェルター級の田中空(神奈川・東洋大)がアッパーからの連打で2回RSC勝ち。東洋大は今年の大学王座で大商大に圧勝した勢いが続き、女子の加藤を加えると現役5人が国体王者に王手をかけた。関東大学リーグで接戦を繰り広げた駒澤大もバンタム級の矢野利哉(愛媛)をはじめ現役5人が決勝に。

 決勝は10日11時から同体育館で2つのリングで行われる。決勝のカードは次の通り。左が赤コーナー。

【成年女子】
◇フライ級
加藤光(奈良・東洋大)―木下鈴花(鳥取・日体大)

【少年男子】
◇ピン級
村上一成(宮崎・日章学園)―定廣征季(京都・京都廣学館)

◇L・フライ級
俣野琉樹(京都・京都廣学館)―好浦郷介(兵庫・西宮香風)

◇フライ級
山下学人(宮崎・日章学園)―熊本風真(兵庫・西宮香風)

◇バンタム級
坂井優太(兵庫・西宮香風)―伊藤優希(青森・青森山田)

◇ライト級
森脇龍星(兵庫・西宮香風)―堀江耀斗(奈良・王寺工)

◇L・ウェルター級
吉住将丈(宮崎・日章学園)―古賀逸希(佐賀・高志館)

◇ウェルター級
川村萌斗(新潟・開志学園)―浜田実來(青森・弘前工)

◇ミドル級
Silva Yeshua(栃木・作新学院)―川村陸(北海道・札幌工)

成年男子W級 田中(右)は接近戦で連打を浴びせた

【成年男子】
◇L・フライ級
金谷成留(宮崎・駒澤大)―松本流星(三重・県スポーツ協会)

◇フライ級
田村拓実(広島・大野石油店)―平塚駿之介(栃木・駒澤大)

◇バンタム級
矢野利哉(愛媛・駒澤大)―政所椋(奈良・東洋大)

◇ライト級
中山慧大(佐賀・東洋大)―大橋蓮(愛知・東京農大)

◇L・ウェルター級
久保寺啓太(神奈川・駒澤大)―原田海舟(大阪・駒澤大)

◇ウェルター級
田中空(神奈川・東洋大)―黒田虎之介(広島・T&T WAMサポート)

◇ミドル級
黒部龍聖(北海道・東洋大)―鳥谷部魁(岩手・拓殖大)

◇L・ヘビー級
若谷豪(愛媛・県競技力向上対策本部)―荒本一成(奈良・狸ばやし)

Related article
関連記事