日本語

Home > ニュース > 12.13バンタム級4団体統一戦の井上尚弥 軽井沢キャンプでフィジカル強化
ニュース

2022年11月2日 水曜日

12.13バンタム級4団体統一戦の井上尚弥 軽井沢キャンプでフィジカル強化

 12月13日に有明アリーナでWBO王者ポール・バトラー(英)とのバンタム級4団体統一戦を控える3団体統一王者の井上尚弥(大橋)が10月31日から2日間のミニキャンプを軽井沢で敢行。その模様と井上のコメントが大橋ジムより届いた。

 井上は弟の拓真、従兄弟の浩樹と10キロのロードワークなど走り込みと台車を使った下半身トレーニングでフィジカルを強化した。井上とのやり取りは以下の通り。

――3日間の合宿のテーマは?
「(試合まで)1ヶ月半前という事で、テーマはスタミナとメンタルの強化です」

――八重樫トレーナーとはどのような話をしながら合宿メニューを組みましたか?
「下半身、足腰の強化を中心に練習メニューを八重樫さんに組んで頂きました」

――バトラー戦を意識した部分のメニューはありましたか?
「バトラー戦の為の特別なメニューはありませんが、12Rをフルで戦うためのスタミナとメンタルを強化出来ました」

――合宿の収穫は?
「試合まで40日になりますが、今回の合宿で今は身体に最高の負荷が掛かっています。それだけ今回の合宿は充実していました」

――体のどこか張ったりしている部位はありますか?
「全身です。走り込みや瞬発力の強化がメインでしたが、その中でも全身を使うトレーニングも多かったので、全身が張っている状態です」

――いつからジムワークを再開しますか?
「週明けの月曜日からジムワークを再開する予定です」
写真=大橋ジム提供

Related

関連記事