日本語

Home > ニュース > 谷口将隆がジェルサレム迎撃 1.6Wミニマム級世界戦 
ニュース

2022年11月11日 金曜日

谷口将隆がジェルサレム迎撃 1.6Wミニマム級世界戦 

 来年1月6日、エディオンアリーナ大阪第1競技場で行われる「3150FIGHT4」のメインイベントが11日に都内で発表された。WBO世界ミニマム級王者・谷口将隆(ワタナベ)が2位挑戦者メルビン・ジェルサレム(比)を迎えてV2戦。この日はIBF世界同級5位の重岡銀次朗(ワタナベ)が同級王者ダニエル・バジャダレス(メキシコ)に挑む一戦とダブル世界タイトルマッチとして開催される。

谷口と重岡を挟んで亀田プロモーターと激励に駆けつけた竹原慎二さん

 4月の石澤開(MT)戦以来の防衛戦となる谷口。「前回の試合は自信になりました。その裏打ちをもっとしたい」とV2戦でさらに成長した姿を見せるつもり。大阪の試合は5年ぶりだが、エディオンアリーナは17年4月の日本王座決定戦で小西伶弥(真正)に僅差負けした会場。「前回の嫌な思い出を払しょくしたい」と必勝を誓う。

 ジェルサレムは身長157センチの右ボクサーファイターで、19勝11KO2敗のプロ戦績。黒星の1つは以前のWBC王者ワンヘン・ミナヨーティンに敵地タイで挑んで判定負けしたもの。谷口はジェルサレムについて「アマチュア上がりの技術と、フィリピン選手らしく思い切りよく攻撃もしてくる」と印象を述べた。

 スタイルのかみ合わせはいいと想像している様子だ。「パンチがあるのでディフェンスを前回よりも磨いてカウンターを打ちたい」とし、「自信あります」とアピールした。

 当日ともに世界戦に出場する後輩重岡については、早くから谷口自身「必ず世界チャンピオンになる」とみていた逸材。「話題は銀ちゃんに行くと思うので、試合内容でこちらに持ってきたい」と冗談交じりに意欲を語った。

 「ミニマム級ですが、1月6日は“本物”というところを見せたい」とチャンピオン。今後はジムワークで本番に向けて仕上げていく。盟友京口紘人がタイトルを手放し、現在ワタナベジムの世界王者は谷口ひとりとなった。「背負うものもあるだろうなと思う」と自覚して、タイトル防衛を約束した。

Related

関連記事