日本語

Home > ニュース > 12.26日本S・バンタム級王座決定戦 田村亮一vs.古橋岳也の元王者対決 井上拓真が返上の王座
ニュース

2022年11月13日 日曜日

12.26日本S・バンタム級王座決定戦 田村亮一vs.古橋岳也の元王者対決 井上拓真が返上の王座

 12月26日の後楽園ホールで「フェニックスバトル95&DANGAN255」の開催が決定。メインで日本S・バンタム級1位の田村亮一(JB SPORTS=写真左)と同2位の古橋岳也(川崎新田=同右)による日本同級王座決定戦がメインイベントにセットされた。

 両者は当初、日本タイトル挑戦者決定戦を争う予定だったが、王者の井上拓真(大橋)が王座を返上。日本王座決定戦に格上げとなった。

 田村(35=15勝7KO6敗1分)は19年1月に日本同級王座を獲得。初防衛戦で久我勇作に敗れたあと、同年9月の日本タイトル挑戦者決定戦で古橋に判定負けしている。古橋(35=28勝16KO9敗2分)は6月、日本王座の2度目の防衛戦で井上に敗退した。1987年生まれの同級生である両雄によるベテラン対決。ともに王座返り咲きを目指す。

 セミではアマ10冠のホープ、デビューから2連続KO勝ちの今永虎雅(大橋)がロイ・スムガット(フィリピン)と8回戦。ほかに日本S・フライ級11位の今川未来(JB SPORTS)vs.高木裕史(E&Jカシアス)など合わせて4つの8回戦が組まれている。

Related

関連記事