日本語

Home > ニュース > 比嘉大吾ら出場の11.15「KO祭」 最短KO選手には賞金50万円
ニュース

2022年11月12日 土曜日

比嘉大吾ら出場の11.15「KO祭」 最短KO選手には賞金50万円

 志成ジムは12日、15日に後楽園ホールで開催する「Life Time Boxing11 KO祭」でKOタイムが最短だった選手にKO賞50万円を贈呈すると発表した。

 同イベントには15連続KO勝利の日本タイ記録を持つ元WBCフライ級王者の比嘉大吾(志成)、日本ウェルター級3位の佐々木尽(八王子中屋)、デビューから6連続KO勝ちの高橋拓磨(志成)らKO率の高い選手が出場する。イベントの模様は当日17時45分からABEMAでライブ配信される。

【対戦カード】
◇バンタム級10回戦
比嘉大吾(志成=18勝17KO2敗1分)×ソンセン・ポーヤム(タイ=18勝12KO2敗)

◇65.6キロ契約8回戦
佐々木尽(八王子中屋=12勝11KO1敗1分)×パティパーン・クロンクラーン(タイ=10勝6KO3敗1分)

◇65キロ契約8回戦
高橋拓磨(志成=6勝6KO)×チャイヤラット・サワンソーダ(タイ=5勝4KO2敗)

◇S・フライ級8回戦
白石聖(志成=10勝5KO1分)×ジャッカパン・セーントーン(タイ=11勝11KO6敗)

◇S・フェザー級6回戦
トンテップ・テーヤウォン(タイ=8勝5KO8敗2分)×李鎮宇(角海老宝石=8勝4KO)

◇ライト級6回戦
鈴木稔弘(志成=1勝1KO)×アタノン・クンラウォン(タイ=17勝13KO8敗1分)

◇64.5キロ6回戦
平安山太樹(オキナワ=6勝4KO1敗)×星大翔(角海老宝石=4勝3KO2敗2分)

Related

関連記事