日本語

Home > ニュース > ヘビー級統一王者ウシクにIBFがフルコビッチ戦指令 フューリーとの4団体戦の行方は?
ニュース

2022年11月15日 火曜日

ヘビー級統一王者ウシクにIBFがフルコビッチ戦指令 フューリーとの4団体戦の行方は?

 IBFはヘビー級王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ=写真)に対してフィリップ・フルコビッチ(クロアチア)戦をオーダーした。リング誌などが報じた。

 それによると、マッチルームボクシングのプロモーター、エディ・ハーン氏は「フルコビッチが次にウシクと対戦するよう命じられたニュースを受け取った。フルコビッチはIBFの指名挑戦者。私たちは即時の入札を要求した。これがウシクの次の試合になるだろう。フルコビッチとマッチルームはとても興奮している」と話している。

 ウシクは21年9月、3団体統一王者アンソニー・ジョシュア(英)からタイトルを奪い、今年8月の再戦でも勝利。現在、WBAスーパー、IBF、WBO王座を保持している。その後、WBC王者タイソン・フューリー(英)との4団体統一戦プランが持ち上がったが、フューリーは12月3日、デレク・チゾラ(英)との対戦を発表。ファン待望の4団体統一戦は来春以降の実現が期待されている。

 フルコビッチ(15勝12KO)は16年リオ五輪のスーパーヘビー級銅メダリスト。8月にサウジアラビアで行われたウシクとジョシュアの第2戦と同じリングで、ヂャン・ヂレイ(中)を下してIBF指名挑戦権を獲得した。Photo by SUMIO YAMADA

Related

関連記事