日本語

Home > ニュース > プロ生え抜きオール4回戦開催 JCLテストマッチも白熱
ニュース

2022年11月29日 火曜日

プロ生え抜きオール4回戦開催 JCLテストマッチも白熱

 29日夜の後楽園ホールは東日本ボクシング協会主催のオール4回戦。ほとんどアマチュア経験のないプロのルーキーたちを集めた興行だ。

デビュー戦対決を制した宮崎

 この日はプロ初戦同士の「デビュー×デビュー」3試合を含む計8試合が行われた(1試合中止)。互いにふらつきながら最後はTKO決着となったミドル級の宮崎晃一(アキバ)-山田健太郎(高崎)など733人観衆が大いに盛り上がる激闘もあった。

 27歳の商社マン、宮崎はダイエット目的で彼女と入門したのが2年前。秋葉慶介会長に声をかけられプロに転じた。「開始すぐパンチをもらって、ほとんど覚えていません。でも倒れてたまるかという思いだけで頑張りました」とデビュー戦勝利の興奮を教えてくれた。

 リングサイドで最後まで見届けたセレス小林協会長(元世界S・フライ級王者)は「アマチュア経験の少ない選手たちだからガチャガチャした試合が多いかと思っていましたが、頭をぶつけることもあまりなかった。僕の頃とは教え方も、そしてそれを教わる選手たちも変わってきてやはりレベルが上がっている」と率直に驚きつつ、今後も協会主催でこのような興行を打つ考え。「いろんなジムで生え抜きが増えることがプロボクシングの盛り上がりにつながると思います」と語った。

 また第1試合の前には同じリングでJCL(ジュニア・チャンピオンズリーグ)のテストマッチ2試合が行われた。アマチュアをやっていない高校生世代のプロジム生を対象に試合機会を与えるもので、勝敗はJCL戦績にも加算される。ヘッドギアを装着した出場選手がJCLルールに則って2分3ラウンドを戦った。

射場委員長と、JCLテストマッチに出場した左から大畑、箕輪、赤城、天野

 ジャブのクリーンヒットでカウントが数えられるなど、健康管理意識もJCLのそれだが、選手は入場曲の流れる中をリングに向かい、リングアナウンサーから紹介を受けてプロさながら。フライ級戦でカウントを聞かせ合った末に箕輪湧陽(16歳=REBOOT.IBA)に判定勝ちした大畑連汰(15歳=リングサイド)は「ルールはJCLだけど、環境はプロなので、いい経験になりました」と感想を述べた。

 また第2試合のライト級戦は天野キング・ロレンス(16歳=アキバ)と赤城凱(17歳=REBOOT.IBA)が3ラウンドをフルに戦って28-28のドロー。アマチュアにはない「引き分け」が両選手のJCL戦績に加えられることになった。

 「予想していた以上に白熱しました。プロがやっているリングで、選手たちもいつも以上に力を出していたと思う」と射場哲也JCL委員長。今後もプロの興行でJCL戦を開催していくにあたりテストマッチを踏まえて議論を重ねていくというが、まずはいい感触を得た様子だった。「できれば年内にもう一度開催したい」と射場委員長は言っている。

Related

関連記事