日本語

Home > ニュース > WBCヘビー級王者フューリー ウシクとの4団体統一戦へ向け3度目のチゾラと防衛戦
ニュース

2022年12月2日 金曜日

WBCヘビー級王者フューリー ウシクとの4団体統一戦へ向け3度目のチゾラと防衛戦

 あさって3日(日本時間4日)ロンドンのトッテナム・ホットスパー・スタジアムでゴングが鳴るWBCヘビー級タイトルマッチ、王者タイソン・フューリー(英)vs.挑戦者デレク・チゾラ(英)の最終会見が1日行われた。

今週末激突のフューリー(左)とチゾラ

 4月、同じく英国のディリアン・ホワイトを退けて防衛を果たしたフューリーは引退宣言と現役続行を交互に繰り返し周囲を翻弄した。しかし以前2度対戦したチゾラとの対戦に応じた。

 相手のことを熟知するフューリーは「これはビジネスでフレンドシップは関係ない。我々はすごいパンチの打ち合いを披露する。その後、いっしょにサンドイッチを食べながら紅茶を飲むことを彼が求めているかもしれない。ノープロブレムだ。でも我々はファイトモードになっているし素晴らしいショウをお見せする」と余裕のコメント。

 一方、チゾラは「彼は私に連絡して試合をオファーした。ビッグなファイトマネーを約束すると。こちらは二つ返事で承諾したよ。汚い言葉を浴びせる男だけど子供たちのために食わせてくれる相手だから、このチャンスに感謝している」と心境を吐露。以前、悪童キャラで売った男とは思えない言葉を発した。

 フューリーの共同プロモーター、トップランクのボブ・アラム氏はフューリーがこの試合をクリアすれば、ヘビー級3団体統一王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)と次戦で対戦する可能性が大きいとメディアに発言。一方でトップクラスとの対戦が多いチゾラを過小評価するとサプライズもありと警告している。Photo by Mikey Williams/Top Rank

Related

関連記事