July
16
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Rain
Tokyo

Home > Match Information > 平岡アンディが2度ダウン奪い8回TKO WBO-AP王座V4

平岡アンディが2度ダウン奪い8回TKO WBO-AP王座V4

2022年12月13日 18時58分

 13日、東京・有明アリーナのセミで行われたWBOアジアパシフィックS・ライト級タイトルマッチは、王者平岡アンディ(大橋)が挑戦者のジュン・ミンホ(韓)に8回2分6秒TKO勝ち。4度目の防衛に成功した。

ミンホを左フックで倒した平岡

 

 サウスポーの平岡と右構えのミンホ。派手なシーンはないが、互いに前の手でタイミングを奪い合う序盤となった。平岡はミンホのパンチを当てさせずに試合を進めていくが、ミンホも思い切ったパンチを飛ばしたり、トリッキーさもあって捕えづらい。

 そんな中、当てる技術で上を行く平岡は右ジャブのほか徐々に左ストレートも増やしていく。7回は左ストレート、クロスを強く打ち込み、ミンホをプレスした。そして8回、コーナー際からミンホを誘い出して左アッパーで最初のダウンを奪う。

 ここはミンホが立ち上がったものの、平岡は続けざまに左フックを合わせ打ち。タフなミンホも半回転しながらキャンバスに崩れ、それと同時に試合終了となった。

 22年は4度試合を行って全勝の平岡は「また海外で試合をしたいと思って練習しています。応援をよろしくお願いいたします」と来年の抱負を述べた。平岡は22勝17KO不敗。ミンホは13勝3KO4敗2分。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了