April
21
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

16°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > IBFミニマム級王者バジャダレス 重岡銀次朗との防衛戦に向け日本へ出発

IBFミニマム級王者バジャダレス 重岡銀次朗との防衛戦に向け日本へ出発

2022年12月29日 8時57分

 1月6日、大阪・エディオンアリーナ大阪第1競技場で重岡銀次朗(ワタナベ)の挑戦を受けるIBFミニマム級王者ダニエル・バジャダレス(メキシコ)が27日夜、メキシコシティから大阪へ出発した。メキシコのボクシングサイト「イスキエルダッソ」が伝えた。

こちらはトレーニングに励む重岡

 バジャダレス(28)は地元モンテレイからメキシコシティ経由で日本へ旅立った。モンテレイでは妻と幼い息子の見送りを受けた。「日本では大きな冒険が待っている。このカバンには希望がいっぱい詰まっている」とバジャダレス。7月1日、レネ・マーク・クアルト(フィリピン)から獲得した王座の初防衛戦に臨む。

 重岡戦に備えて2ヵ月間トレーニングしたと語り、「必ずベルトは持ち帰る」と決意を新たにした。同サイトでも挑戦者の実力は高く評価されており、バジャダレスには厳しい展開が予想されている。それでも「今までの彼の相手は私のレベルではない」とバジャダレスは防衛に自信をみせる。

Related article
関連記事