April
19
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

17°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 女子7階級王者セラノ メキシコ国家警備隊クルス4団体統一戦 2.4ニューヨーク

女子7階級王者セラノ メキシコ国家警備隊クルス4団体統一戦 2.4ニューヨーク

2022年12月30日 10時25分

 女子の第一人者の一人、WBC&WBO&IBF統一フェザー級チャンピオンのアマンダ・セラノ(プエルトリコ=米)とWBA同級チャンピオンのエリカ・クルス(メキシコ)が4団体統一をかけて対戦する。試合は来年2月4日、ニューヨークのマジソンスクエアガーデンのフールー・シアターでゴングが鳴る。ESPNドットコムなどが伝えた。

 WBC&WBOタイトルを保持していたセラノ(43勝30KO2敗1分=34)は9月、IBFチャンピオンだったサラー・マーフード(デンマーク)に判定勝ちで3団体目のベルトを吸収。今年4月にMSGのメインアリーナでライト級4団体統一チャンピオン、ケイティー・テイラー(アイルランド)に挑戦した一戦は初めてMSGのメインイベントで女子試合が開催され、大きな話題となった。

 クルス(15勝3KO1敗=32)は9月に、タイトルを獲得した相手のジェレーナ・ムルジェノビッチ(カナダ)を返り討ちにして2度目の防衛に成功。クルスはメキシコの国家警備隊のメンバーでもある。

 7階級制覇チャンピオンでもあるセラノは、クルスに勝って4団体統一を果たすとライト級に上がり、テイラーとの再戦を目指すと明かしている。

Related article
関連記事