May
25
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 駒澤大の国体王者、原田海舟がB級プロテスト合格 4.23ミツキジムからデビュー

駒澤大の国体王者、原田海舟がB級プロテスト合格 4.23ミツキジムからデビュー

2023年3月5日 20時21分

 JBC関西事務局のプロテストが5日、大阪府豊中市のワイルドビートジムで行われ、B級(6回戦)を受験した22年とちぎ国体L・ウェルター級優勝の駒澤大・原田海舟(22=ミツキ)が合格した。原田は4月23日、堺市産業振興センターで開催されるミツキジムの主催興行で外国人選手とのフェザー級6回戦でデビューすることが決まった。

テストでキレのある動きを見せた原田

 原田は大阪市住之江区出身。小学5年生からハラダジムでボクシングを始め、6年生時にU-15の40キロ級優勝。興國高から駒澤大に進み、サウスポーからの連打で22年の全日本選手権L・ウェルター級2位、とちぎ国体で大学初のタイトルを獲得した。アマ通算49勝4RSC14敗。

 テストは日本S・フェザー級11位、福井貫太(石田)と対戦。右ジャブで距離を測ってスピードがある左ストレートを再三打ち込み、レベルの高さを見せた。

原田はフェザー級でデビュー戦の予定

 2歳下の弟雪舟も駒澤大ボクシングで活躍する原田は「オリンピックを目指していましたが、全日本で優勝できなかったので、プロに進むことにしました。3戦目か4戦目でランキングに入って、来年はまずユースタイトルに照準を合わせていきます」。デビュー戦も決まり、新たなスタートを切る。

 C級(4回戦)プロテストには24人が受験、18人が合格した。

Related article
関連記事