July
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 開設4年目のディアマンテジム WBO・AP王者&全日本新人王誕生の祝勝会に100人

開設4年目のディアマンテジム WBO・AP王者&全日本新人王誕生の祝勝会に100人

2023年3月22日 9時18分

 ディアマンテジム(野上奈々会長)は21日、大阪府堺市の南海グリル東店でアジア女子王座、全日本新人王獲得記念祝勝会を開いた。後援者ら100人が出席、ジム開設4年目での初のタイトル獲得と若手選手の活躍を祝福した。

左から野上オーナー、二階堂、吉川、安村、野上会長

 好川菜々として2階級世界王者になり活躍した野上会長は元WBOアジア王者の野上真司ジムオーナーと夫婦でジムを運営、プロ、ジュニア、キッズボクサーの指導を続けている。小学5年生から教えていた吉川梨優那(りゆな、21)が昨年11月、WBOアジアパシフィック・ミニマム級王座決定戦で判定勝ちして、ジムに初のベルトをもたらした。12月の全日本新人王決勝ではフライ級の二階堂迅(21)、S・バンタム級の安村綺麗(23)がともに勝って、ジム初の新人王になった。

 3選手はともに5月3日、和泉シティプラザで行われる興行に出場することが発表された。IBF女子アトム級8位、伊賀薫(30=真正)の挑戦を受けることが決まった吉川は「初防衛で緊張しますが、しっかり勝ちます。今年はランキングを上げ、来年には野上会長に続いて世界王者になるのが目標です」と力強くあいさつ。二階堂、安村は「今年はユース・タイトルを獲得します」とジムに新たなベルト到来を約束した。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了