July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

31°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 注目のS・ミドル級決戦まであと2日 WBC暫定王者ベナビデスと前IBF王者プラント激突

注目のS・ミドル級決戦まであと2日 WBC暫定王者ベナビデスと前IBF王者プラント激突

2023年3月24日 15時06分

ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで25日(日本時間26日)ゴングが鳴るS・ミドル級12回戦、デビッド・ベナビデス(メキシコ)vs.カレブ・プラント(米)の最終会見が23日行われた。初プレゼンから激しいトークバトルを展開している両者。果たして本番ではどんな結末が待っているか非常に興味深い。試合はベナビデスの持つWBC・S・ミドル級暫定王座が争われる。

舌戦を繰り広げてきたベナビデス(左)とプラント

今回“メキシカン・モンスター”のニックネームを強調するベナビデスは「土曜日、6ラウンドまでにカレブのアゴを破壊する。彼が深刻なダメージを被ることを私は保証する。これはみんなが喜ぶ典型的な遺恨試合だ」と凄みを効かせた。

一方、前IBF・S・ミドル級王者プラントは「私は彼よりボクシングがうまく、IQの高さと経験を持っている。私は世界的にベストな選手の一人。このレベルで果たして彼は戦えるだろうか。土曜日それが判明する」と自信をみなぎらせた。

ちなみに同級のWBAレギュラー王者ダビ・モレル(キューバ)は「50-50の試合。勝者を予想するのは難しい。ベナビデスはパワーを持っているが、これまでプラントのような動きをする選手と対戦したことがないもが不安だ」と発言した。

勝者が今後、S・ミドル級4団体統一王者カネロ・アルバレス(メキシコ)との対決(プラントは再戦)に向かう構図だが、同じPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)傘下のモレルも虎視眈々とチャンスをうかがっている。Photo by Esther Lin and Stephanie Trapp

Related article
関連記事