July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

36°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 日本ミニマム級王者の高田勇仁が7.8初防衛戦 仲島辰郎は異例の4試合連続日本タイトル挑戦

日本ミニマム級王者の高田勇仁が7.8初防衛戦 仲島辰郎は異例の4試合連続日本タイトル挑戦

2023年5月4日 18時42分

 7月8日に八王子市エスフォルタ・アリーナで開催される「第45回ファイティング・スピリット・シリーズ」のセミに、日本ミニマム級王者の高田勇仁(ライオンズ)と同級3位の仲島辰郎(平仲BS)のタイトルマッチがセットされた。メインはWBOアジアパシフィック・ウェルター級王者の佐々木尽(八王子中屋)が星大翔(角海老宝石)とV2戦を行う。

 4月26日に長谷部守里(三迫)との王座決定戦を制して新チャンピオンとなった高田(11勝6KO8敗3分)は2カ月半あまりのスパンで初防衛戦というから精力的だ。現在3連続KO勝ちと好調で、世界ランキングはWBA10位。さらなるステップアップを狙っている。

 仲島(11勝7KO4敗1分)は21年6月にのちにWBO王者となる谷口将隆(ワタナベ)に挑戦して失敗。22年3月に現IBF暫定王者の重岡銀次朗(同)、同年11月に重岡優大(同)との王座決定戦にそれぞれ敗れ、これが4度目の日本タイトル挑戦だ。

 両者は4回戦時代の16年8月に沖縄で対戦し、このときは仲島が3回TKOで勝利している。仲島は4試合連続で日本タイトルマッチという異例のチャンスを是が非でもものにしたいところだろう。

 同じイベントには日本フェザー級12位の渡邊海(9勝5KO1敗1分)も参戦が決定。3月の日本ユース戦で英洸貴(カシミ)に惜敗、プロ初黒星を喫してからの再起戦だ。対戦相手はまだ発表されていない。

Related article
関連記事