July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ウェルター級世界ランカー佐々木尽 7.8八王子でWBO・AP王座防衛戦 ラスベガス合宿へ出発

ウェルター級世界ランカー佐々木尽 7.8八王子でWBO・AP王座防衛戦 ラスベガス合宿へ出発

2023年5月4日 18時25分

 WBOアジアパシフィック・ウェルター級王者の佐々木尽(八王子中屋)が7月8日、八王子市エスフォルタ・アリーナで開催される「第45回ファイティング・スピリット・シリーズ」で同級15位の星大翔(角海老宝石)と2度目の防衛戦を行う。八王子中屋ジムが4日発表した。

八王子中屋ジム提供

 “日本人初のウェルター級世界王者になる男”21歳の佐々木(15勝14KO1敗1分)は今年1月、豊嶋亮太(帝拳)を初回TKOで下してタイトルを獲得。4月の初防衛戦で小原佳太(三迫)を3回TKOで下して初防衛に成功。世界ランキングは現在、WBO7位、IBF9位、WBA10位。勢いに乗っている倒し屋だ。

 対する星(5勝3KO2敗1分)は3月、前WBOアジアパシフィック・ミドル級王者の能嶋宏弥(薬師寺)と対戦してドロー。ランキング入りを果たし、初のタイトルマッチで佐々木に挑戦という一気に成り上がるチャンスを手にした。

アメリカに出発する渡邊(左)と佐々木=八王子中屋ジム提供

 佐々木は4日、7月8日に同じリングに立つ日本フェザー級12位の渡邊海(ライオンズ)とともにラスベガスに出発。現地の選手とスパーリング合宿を行う。中屋廣隆チーフトレーナーも同行し、本格的に腕試しをするという。

 最後は20日にMGMグランドで行われるライト級4団体統一戦、デビン・ヘイニーvs.ワシル・ロマチェンコ、中谷潤人(M.T)の2階級制覇をかけたWBO・S・フライ級王座決定戦を観戦して、日本時間22日に帰国する予定だ。

Related article
関連記事