2014年3月29日土曜日

ボクシノ・ライト級はカルカモvsペトロフで決勝

 中堅選手のトーナメント「ボクシノ」のライト級2回戦(準決勝)が28日(日本時間29日)米ノースダコタ州ニュータウンで行われた。結果は次のとおり(各8回戦)。

◇フェルナンド・カルカモ(メキシコ)[判定2-0]ミゲール・ゴンサレス(米)
 1回戦で本命視されたガーナ人をストップしたスラッガー、カルカモが初回、左フックでゴンサレスにカウントを聞かせる。その後も重厚なボディー攻撃でサウスポーのテクニシャン、ゴンサレスを追い込む。ジャッジ一人の76-76は論外。メイウェザーvsカネロ戦のスコアに匹敵。他の2者は78-74、77-75。カルカモが事なきを得た。

◇ピーター・ペトロフ(ロシア)[TKO4回51秒]クリス・ロッド(米)
 長身スリムのロッドがジャブを突いてアウトボクシングを心がけるが、キャリアで勝るペドロフが押し気味。3回、インサイドの攻防で優位に立ったロシア人が4回、右を痛打。ロープを背にするロッドに連打の雨を降らせ、主審のストップを呼び込んだ。ペトロフはS・ライト級王者時代のマイダナに挑戦歴がある。

 決勝のカルカモvsペトロフは5月23日、ニューヨーク州ベローナで10回戦で争われる。