0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年7月29日火曜日

池山vs秋田屋、池原vsアバニエル、9.20女子W世界戦

 フュチュールジムは29日、9月20日大阪・アゼリア大正で女子のダブル世界タイトルマッチを行うと発表した。WBO女子世界アトム級王者の池山直(フュチュール)は秋田屋まさえ(ワイルドビート)と初防衛戦、池原シーサー久美子(フュチュール)はグレッチェン・アバニエル(フィリピン)とWBO女子世界ミニフライ級王座決定戦を争う。

池原シーサー久美子

 44歳の池山は5月、ジョゼベル・バガデュアン(フィリピン)との王座決定戦を制してタイトルを獲得。国内世界王者の最高齢記録を更新した。36歳の秋田屋は10年の小関桃(青木)、13年の宮尾綾香(大橋)に続く3度目の世界挑戦。両者は10年5月に対戦しており、このときは池山が3-0判定で勝利している。

 WBOミニフライ級王座決定戦戦は、前王者山田真子のタイトル返上、引退に伴うもの。12年にアマチュアからプロに転向した29歳の池原は今回が世界タイトル初アタックとなる。対戦相手のアバニエルは昨年11月に来日し、WBA女子L・ミニマム級王者の宮尾に挑戦して判定で敗れている。