0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年9月6日土曜日

ブルック、休暇先で暴漢に刺される

 先月16日、米国でショーン・ポーター(米)を攻略、IBF世界ウェルター級王者に就いたケル・ブルック(英)が受難。バカンスで訪れていたスペイン領カナリア諸島のテネリフェで暴漢に襲われ、左脚を数個所、刃物で刺される事件が発生した。

 家族と同地を旅行していたブルックは木曜日4日、英国へ帰国する予定だったが、前日夜に何者かに襲われ負傷。テネリフェの病院に入院し、安静の状態が続いている。早ければ月曜日8日帰国できる見込みだが、何もいわれのないアクシデントに見舞われ、不運というしかない。エディ・ハーン・プロモーターが12月に予定していた初防衛戦はキャンセル。リハビリに努めながら回復を待つという。