2015年3月29日日曜日

ブルックがIBFウェルター級V1、カーンに対戦要求

 28日(日本時間29日)英国シェフィールドのモーターポイント・アリーナで行われたIBF世界ウェルター級タイトルマッチは、チャンピオンのケル・ブルック(英)が指名挑戦者ジョ・ジョ・ダン(ルーマニア=カナダ)に4回終了TKO勝ちで初防衛に成功。ブルックとプロモーターのエディ・ハーンは同胞のスター、アミール・カーンへの対戦を呼び掛けた。


 ブルックがダンを圧倒した。まずは2回、ブルックが右アッパーを打ち込むとサウスポーのダンはキャンバスにヒザついてダウン。立ち上がったダンに対し、今度は右ストレートで尻もちをつかせる。ダンはこのピンチをクリンチでなんとか逃れるが、ダメージは深刻だった。4回に連打を食らってさらに2度のダウンを喫し、ラウンド終了後に棄権を申し出た。

 戦績を34勝23KO無敗としたブルックは、アミール・カーン、フアン・マヌエル・マルケス(メキシコ)、ブランドン・リオス(米)の名前を挙げた上で「私はファンの望むカードを実現したい。その答えはアミール・カーンだ」と元WBA・IBF世界S・ライト級チャンピオンを指名。プロモーターのエディ・ハーンは、6月13日のウェンブリー・スタジアムと具体的な日程まで提示し、カーンとのビッグマッチ実現に意欲を示した。Photo/BoxingScene.com