2015年4月22日水曜日

メイウェザーvsパッキャオ、レフェリーはベイレス氏

 米ネバダ州アスレチック・コミッションは21日、5月2日(日本時間3日)MGMグランド・ガーデン・アリーナで挙行されるフロイド・メイウェザー(米)vsマニー・パッキャオ(フィリピン)のレフェリーにケニー・ベイレス(64=米ネバダ州)を抜擢した。同氏がメイウェザーの試合を裁くのは、昨年のマイダナ再戦に続き通算6度目。

 3ジャッジはバート・クレメンツ、デーブ・モレッティ(いずれも米ネバダ州)、グレン・フェルドマン(米コネチカット州)。報酬はベイレス氏が2万5000ドル(約300万円)、ジャッジ3人は各2万ドル(約240万円)。

 同じリングのワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)vsガマリエル・ロドリゲス(プエルトリコ)のWBO世界フェザー級戦は、レフェリーがロバート・バード(米ネバダ州)、ジャッジはパトリシア・ジャーマン、ジェリー・ロス(いずれも米ネバダ州)、ジョン・マッキー(米ニューヨーク州)の3氏。

 また前日の5月1日、同じくラスベガスのザ・コスモポリタンで挙行される粟生隆寛(帝拳)vsライ・ベルトラン(メキシコ)のWBO世界ライト級王座決定戦のレフェリーはトニー・ウィークス(米ネバダ州)。ジャッジはアデレード・バード、エリック・チーク、ジェリー・ロス(いずれも米ネバダ州)。