0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年5月31日日曜日

新王者の田中恒成、石原先生にシューズ贈る

 最速プロ5戦目で世界チャンピオンになった田中恒成(畑中・19歳)の一夜明け記者会見が31日昼、春日井市内の後援者経営のレストラン「ガーデンわさび」で催された。

 畑中清詞会長、父親で専任トレーナーの田中斉さんも席に着き、会見がスタート。新チャンピオンは、激戦の名残をとどめるやや腫れた目をして登場した。そばに手に入れたばかりのWBOミニマム級の世界チャンピオンベルトが輝く。昨夜は「ほとんど寝ていません」という。「試合(の映像)は1回見たし、いつも通り夜中にカップラーメン食べました。ソファに座ったままボーッとしていました」と、新チャンピオン。ただし「まだ(世界王者の)実感はない。たぶんこのままないのでは」と言って笑わせた。減量はきつかったものの、すぐに階級を上げる予定はない。ただし、「将来もミニマム級で続けることは絶対にないです」と、付け加えた。

 メディアとの質疑応答が終わると、田中は昨日の試合で履いたリングシューズを、同席した石原英康中京高校ボクシング部監督に手渡した。石原さんがプロの世界戦で使用し、高校時代に田中に贈呈していたものだ。プロで2度世界に挑んで勝てなかった石原監督とともに戦うつもりで、2年ぶりに試合で使ったシューズ。「世界王者田中が獲得戦で使用」という付加価値をつけて戻したかたちだ。「返すのではなく、先生にプレゼントとして預かっていただく」とチャンピオンは謙虚に語っていた。