2016年6月18日土曜日

IBF女子世界王者、多田悦子が貫禄の3回TKO勝ち

 真正ジム主催の第52回リアルスピリッツは17日、神戸市中央体育館で開かれた。メインはIBF女子世界ミニフライ級王者、多田悦子(真正)が昨年12月の王座返り咲き以来6ヶ月ぶりにリングに上がり、タイ人選手とノンタイトル8回戦に3回TKO勝ちを飾った。セミの8回戦は日本フライ級9位の杦本健太(明石)が太田朋徳(SFマキ)との乱打戦を制し、日本ミニマム級3位、小西伶也(真正)は寺次孝有希(ミサイル工藤)を寄せ付けず、デビュー以来11連勝(4KO)をマークした。昨年度のフェザー級全日本新人王で日本同級15位、中谷有利(グリーンツダ)は新人王戦以来の6回戦で登場、タイ人選手を1回TKOで下した。

◇48キロ女子8回戦 多田悦子(真正)[TKO3回37秒]マイタイ・ソープライトン(タイ)
 8勝1KO6敗の格下相手とあって、多田の強さが際立った。右ジャブを的確に放って、マイタイの前進を阻み、圧力を強めるとマイタイは頭を低くして後退一途。2回にボディに有効打を決めた多田は3回に左ストレートから連打を打ち込むと、マイタイはノーガード体勢になり、主審が試合を止めた。「もっとお客さんがドキドキする試合がしたかった。とにかくタイトルをかけた戦い、統一戦でもやります。カモンベイビー」と多田の口調は滑らかだった。多田は16勝5KO2敗2分。

◇51.5キロ8回戦 杦本健太(明石)[2-0(76-76、79-73、79-74)]太田朋徳(SFマキ)
◇ミニマム級8回戦 小西伶也(真正)[3-0(80-72×3)]寺次孝有希(ミサイル工藤)
◇60キロ6回戦 中谷有利(グリーンツダ)[TKO1回1分50秒]バンク・ティージェイジム(タイ)