0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年8月3日水曜日

ワンヘンが判定でV5、WBCミニマム級

■9月17日ダラスで行われるWBO世界S・ウェルター級タイトルマッチ、王者リアム・スミス(英)vs挑戦者サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)のアンダーカードで予定されていたWBAヘビー級暫定王者ルイス・オルティス(キューバ=写真左)とアレクサンデル・ウスティノフ(ロシア)の試合がキャンセルになる模様。ウスティノフ陣営が明らかにしたもので、オルティス陣営が契約を破棄したとのこと。

■2日タイで行われたWBC世界ミニマム級タイトルマッチは、王者ワンヘン・ミナヨーティン(タイ=写真右)が指名挑戦者サウル・フアレス(メキシコ)を3-0判定で下し、5度目の防衛に成功。スコアは115-113、116-112、116-113。ワンヘンは43勝27KO無敗。フアレスは23勝12KO5敗1分。この試合は日本の福治勇治レフェリーがさばいた。

■現地時間20日、ケーブルTV局ショータイムで放映されたWBAフェザー級タイトルマッチ、王者レオ・サンタクルス(メキシコ=米)と挑戦者カール・フランプトン(英)の視聴件数が平均48万件と判明。これはショータイム・チャンピオンシップ・ボクシングのシリーズの中で3番目の数字で、サンタクルス個人ではキャリアハイとなる。試合はフランプトンが下馬評を覆して判定勝ち。セミのマイキー・ガルシア(メキシコ)とエリオ・ロハス(ドミニカ共和国)の試合は平均42万7000件。