2016年9月8日木曜日

パッキャオLA入り、カネロがNYデビューを計画?

■11月5日ラスベガスでWBO世界ウェルター級王者ジェシー・バルガス(米)との復帰戦に臨む元世界6階級制覇王者マニー・パッキャオ(比)が7日、8日に開かれる記者会見に出席するためロサンゼルスに到着。パッキャオは母国フィリピンで上院議員を務めており、公務の合間を縫ってプレゼンテーションを行う形。Photo/Top Rank

■今月17日米テキサス州アーリントンでWBO世界S・ウェルター級王者リアム・スミス(英)に挑む前WBC世界ミドル級王者サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)に早くもその次の試合のプランが浮上。12月10日マジソン・スクエア・ガーデンでニューヨーク・デビューするというもの。GBPのエリック・ゴメス氏が「日程を押さえている」とボクシングシーンに語った。あくまでカネロが勝利し、けがをしなかった場合の話とのこと。

■WBAは10日英国ロンドンで行われるWBA世界ミドル級スーパー王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)とIBF世界ウェルター級王者ケル・ブルック(英)の一戦をタイトルマッチとして承認しないと発表。これにより試合はWBCとIBF王座の2冠のみがかけられることになった。ゴロフキンの指名挑戦者が正規王者ダニエル・ジェイコブス(米)であること、ブルックがミドル級で実績がないことなどから、WBAはこの試合の承認に当初から難色を示していた。