2016年11月2日水曜日

中川健太WBAランク入り、大沢宏晋の試合が生中継

■WBAが1日付けで最新ランキングを発表。アンソニー・クローラ(英)を下してライト級王座を獲得したホルヘ・リナレス(帝拳)が月間最優秀選手に選ばれた。ミニマム級14位の小野心(ワタナベ)、S・フライ級15位に日本同級王者となった中川健太(レイS)が入った。バンタム級だった亀田和毅(協栄)はS・バンタム級7位に。S・ミドル級はスーパー王者フェリックス・シュトゥルム(独)が同王座を返上。ヘビー級はコカイン問題で揺れるタイソン・ヒューリー(英)がスーパー王座を返上し、ルイス・オルティス(キューバ)も暫定王座を手放した。

■WBAはタイソン・ヒューリー(英)のスーパー王者返上などにより混沌としているヘビー級について見解を表明。まずは3位ルーカス・ブラウン(豪)と5位シャノン・ブリッグス(米)による正規王座決定戦をオーダーし、その勝者は6位フレス・オケンド(プエルトリコ)との指名戦を義務付けた。元統一王者で現2位ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)とIBF王者アンソニー・ジョシュア(英)が対戦する場合はスーパー王座戦に認定する。

■5日(日本時間6日)米ラスベガスのトーマス&マックセンターでゴングとなるトップランク社興行の試合順が決定。WBO世界フェザー級タイトルマッチ、王者オスカル・バルデス(メキシコ)と挑戦者2位の大沢宏晋(ロマンサジャパン)の試合はセミで行わることになった。大沢の試合は6日午前11時からWOWOWプライムで放送されるエキサイトマッチで生中継される。