2017年1月20日金曜日

GBPがESPNと提携、3月から定期カードがスタート

 GBP(ゴールデンボーイ・プロモーションズ)は19日(日本時間20日)、米国のスポーツ・マスメディアESPNとタイアップして試合を放映して行くことを通達した。

 それによると今年は18回。木、金、土曜日いずれかで、2018年は24回を予定する。第1回は3月23日。米カリフォルニア州インディオのファンタジー・スプリングス・リゾート&カジノで行われる。メインのカードは近々発表される。

 ESPNは15年5月まで毎週金曜日、ESPN2とスペイン語のESPNデポルテスが「フライデー・ナイト・ファイト」(FNF)を長年放映。その後、本局のESPNがPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)と提携し、ビッグマッチを扱った。

 しかし昨年途中からPBCが減速気味になり、同局で試合が流れなくなっていた。報道によると巻き返しを図るGBPは半年前からESPNと交渉に入っていたという。

 今回のGBPとの提携もESPN2とESPNデポルテスで放送される。FNFでは台頭中の選手の試合が中心だったが、新シリーズではそれよりポピュラーな選手も出場するもよう。「GBPのラインナップを一般のファンとコアなファン両方に楽しんでもらいたい。未来のチャンピオンの登竜門にもしたい」とはGBPのCEOオスカー・デラホーヤ氏(写真)はアピール。

 一方、PBCは4月から8月までESPNで12回の中継が予定されており、こちらも負けじと巻き返しを図る。