2017年1月29日日曜日

三浦隆司が最終回KO勝ち、WBC挑戦者決定戦

 WBC・S・フェザー級王座決定戦が28日(日本時間29日)米カリフォルニア州インディオのファンタジー・スプリングス・リゾート&カジノで行われ、前王者で同級1位の三浦隆司(帝拳=写真左)は同2位ミゲール・ローマン(メキシコ=写真右)に12回53秒KO勝ちした。

 三浦がアメリカのリングに立つのは2015年11月、現王者フランシスコ・バルガス(メキシコ)に敗れて以来。王座返り咲きに燃える三浦はひと回り小さいローマンに対し、低い姿勢をキープしながら、ボディ攻撃でメキシカンを崩しにかかった。

 三浦はパンチ力で上回ったが、インサイドに入って手数をまとめるローマンの攻撃に手を焼いた。中盤は細かいパンチをもらいながらも、ボディブローを打ち込む我慢のボクシング。やや劣勢にも見えた三浦は5回、フットワークを使って流れを変えようと試みたが、大きく流れを変えるにはいたらなかった。

 三浦は7回にエンジンをふかし、思い切って強打を振り回していった。ローマンは三浦のボディブローが効いてきたのか、少しずつではあるものの序盤の勢いはなくなってくる。8、9回と三浦は圧力をかけて左を打ち込み、劣勢のローマンも懸命の打ち返すという展開。三浦は弾も少なくないが、ローマンの消耗が目立ってきた。

 迎えた10回終了間際、三浦が思い切り踏み込んで左フックをボディに叩き込むとローマンがダウン。三浦は11回にも連打を見舞って2度目のダウンを奪った。そして最終12回、左ストレートでローマンを仰向けにし、10カウントを聞かせた。

  9回までの採点はジャッジ2人が87-84、86-85でローマンの優勢。もう一人が86-85で三浦だった。苦しい試合をものにした三浦は「キツイ試合だった。ボクシングを組み立てようと考えているうちに相手のプレッシャーに巻き込まれた。途中からやるかやられるかだと気持ちを切り替えて出た。毎回激闘になってしまって…。米国で一度負けているので、こちらで勝てたことはうれしい」とコメントした。31勝24KO3敗2分。連勝が18で止まったローマンは56勝43KO12敗。Photo/SUMIO YAMADA