0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年1月28日土曜日

クルカイvsアンドラーデ、WBA・SW戦が再セット

 ■WBA・S・ウェルター級“レギュラー”王者ジャック・クルカイ(ドイツ)vs前WBO同級王者デメトゥリアス・アンドラーデ(米)のタイトル戦が3月11日ドイツのルートビビスハーフェンで行われる運びとなった。両者は昨年11月対戦する予定だったが、プロモーターの問題で中止に。このクラスのWBA“スーパー”王者にはエリスランディ・ララ(キューバ)が君臨する。

■ゴールデンボーイ・プロモーションが3月23日にスタートするスポーツ専門マスメディアESPNとの提携シリーズ、初戦のメインイベントにミドル級ホープ、ジェイソン・キグリー(アイルランド=12勝10KO無敗)が抜擢された。キグリーはグレン・タピア(米)と空位のNABFミドル級王座を争う。同じリングで元IBFバンタム級王者ランディ・カバジェロ(米)がビクトル・プロア(メキシコ)とSバンタム級10回戦。会場は明日、三浦vsローマン戦が行われる米インディオのファンタジー・スプリングス・カジノ。

■2月25日、英国のハルで予定されるWBC・S・バンタム級王座決定戦の1ヵ月前の予備計量が行われ、WBC1位レイ・バルガス(メキシコ)が126.76ポンド(57.50キロ)、2位ギャビン・マクドネル(英)が133.4ポンド(60.51キロ)を計測。この時点のリミットは134ポンド。決定戦は引退した長谷川穂積の王座返上によるもの。