2017年4月21日金曜日

高野人母美が亀田興とタッグ、大石豊あすOPBF・V1戦

■女子ボクサー高野人母美(協栄)の新トレーナーに元世界王者亀田興毅トレーナーが就任した。約2週間前からコンビを組んだという。高野は15年11月の世界初挑戦で4回KO負けした後、昨年10月に再起。次戦は5月26日後楽園ホールでカイ・ジョンソン(竹原&畑山)と行われる。カイとは14年6月に一度対戦し初黒星を喫しているだけに、雪辱をかけた試合でもある。亀田トレーナーは「(高野は)やることが面白い。昔の亀田家に似ている」と早くも意気投合。=写真:CHIKAKO KISHIMOTO=

■OPBF・S・ウェルター級チャンピオンでIBF同級5位の大石豊(井岡弘樹)があす22日、エディオンアリーナ大阪第2競技場で、挑戦者ラーシャシー・シットサイトーン(タイ)と初防衛戦を行う。大阪市内で行われた前日計量で大石はリミット69.8キロ、ラーシャシーは69.5キロをマークした。セミではぬきてるみ(井岡弘樹)がノーンブア・ルークプライアリー(タイ)とOPBF女子S・フライ級王座決定戦。また3度の世界挑戦経験があり、現在3連敗中と苦しんでいる久高寛之(仲里)がスックサン・シットジャック(タイ)とバンタム級8回戦を行う。