0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年6月25日日曜日

海外結果 元王者フォルトゥナ、アダメク勝利

■元WBA世界S・フェザー級王者のハビエル・フォルトゥナ(ドミニカ共和国)が24日(日本時間25日)、同国サントドミンゴで行われたライト級戦で同胞のマリオ・ベルトレに2回KO勝ち。かつて内山高志(ワタナベ)との対戦話もあったフォルトゥナ(32勝23KO1敗1分)は昨年6月の王座陥落後、3連勝をマーク。また、14年大みそかにWBA世界S・フライ級王者だった河野公平(ワタナベ)と引き分けた現WBA同級3位ノルベルト・ヒメネスもドニー・ガルシアに9回TKO勝ち。こちらは河野戦後7連勝。27勝15KO8敗4分。

■メキシコのシウダー・フアレスで24日(日本時間25日)行われたイベントでは、WBC・S・フェザー級7位のミゲール・ローマン(メキシコ)が同胞のネリー・サギランに12回1分10秒TKO勝ち。1月に三浦隆司(帝拳)に12回KO負けしてからの再起に成功した。ローマンは57勝44KO12敗。サギランは38勝13KO9敗1分。

■24日(日本時間25日)ポーランドのグダニスクのリングに元2階級制覇王者トマシュ・アダメク(ポーランド)が出場。ヘビー級10回戦で元OPBFヘビー級王者ソロモン・ハウモノ(豪州)に10回判定勝ちした(100-90、99-91×2)。40歳のアダメクは51勝30KO5敗。12年大みそかに日本で現日本・OPBFヘビー級王者の藤本京太郎(角海老宝石)に勝利している41歳ハウモノは24勝21KO4敗2分。

■同じリングでは前WBO世界クルーザー級王者のクリストフ・グロワスキ(ポーランド)がヒズニ・アルトゥンカヤ(トルコ)に6回2秒TKO勝ち。昨年9月、オレクサンデル・ウシク(ウクライナ)に敗れて以来となる復帰戦に勝利した。戦績は27勝17KO1敗。アルトゥンカヤは29勝17KO1敗。