0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年7月23日日曜日

京口紘人が8戦目で世界王者に、アルグメドに3-0勝ち

 ダブル世界タイトルマッチのメインイベント、IBF世界ミニマム級タイトルマッチが23日、東京・大田区総合体育館で行われ、前OPBF王者で同級9位の京口紘人(ワタナベ)が王者ホセ・アルグメド(メキシコ)に3-0判定勝ち。スコアは116-111×2、115-112。プロ8戦目で世界王座を奪取した。アルグメドは4度目の防衛に失敗。

 デビューからわずか1年3か月、7連勝(6KO)のホープ京口が、プロデビューから世界王座獲得までの最短日数記録をかけてリングに上がった。

 ファイターのアルグメドは足を使いながら左右のフックを強振するボクシング。京口は初回からじわじわ前に出で圧力をかけ、早くも左ボディブローを決めて会場を沸かせる。パワーでは京口が上だ。王者も右フック、左フックをガードの上から力強く叩き込み、右アッパーも繰り出して対抗した。

京口は序盤からボディブローを決めた

 序盤戦はスイッチも使って攻めるアルグメドが手数やや上回るが、京口は王者の右をしっかりブロックし、ボディブローを要所で決めた。右を封じられたアルグメドはアッパーで挑戦者を攻略しようとするがうまういかない。

 試合が進むにつれて、王者の頭が下がるようになり、もみ合うシーンが増えていく。それでも京口は7回、右アッパーがボディに打ち込むと、アルグメドが一瞬後退してチャンス。いよいよボディ攻めの効果が表れて、京口が完全に優位に立った。

 9回が始まるとアルグメドが復活したように見えたが、ここでボディを中心に攻めていた京口が顔面に左フックを炸裂、大きくグラついた王者に襲い掛かり、ついにアルグメドがダウンだ。立ち上がったアルグメドはクリンチ連発でKO負けを何とか逃れた。

 KO負けが一度もないアルグメドは10回に意地を見せ、京口と打ち合って会場を沸かせる。もうKO勝ちしかないとチャンピオンは11回も前へ。12回は京口も3度スリップダウンするなど疲れたが、互いに出し切ってゴングとなった。京口は8勝6KO無敗。「ダウンを奪ったけど、最後はふがいなかった。チャンピオンになれたことは素直にうれしい」と語った。アルグメドは20勝12KO4敗1分。