0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年12月30日土曜日

清水聡がOPBF初防衛、井上拓は判定で益田下す

 30日横浜文化体育館スタートした「FUJI BOXING 2017」の前座で、ロンドン五輪銅メダリストのOPBFフェザー級王者、清水聡(大橋)は挑戦者14位エドワード・マンシト(比)に7回TKO勝ち。10月に獲得した王座の初防衛に成功した。WBCバンタム級9位など世界4団体でランク入りしている井上拓真(大橋)は元日本バンタム級王者の益田健太郎(新日本木村)に判定勝ちした。

◇OPBFフェザー級タイトルマッチ12回戦
清水聡(大橋)[TKO7回2分8秒]エドワード・マンシト比)
 WBC11位、IBF13位につける長身サウスポーの清水に対し、マンシトは頭を下げて懐に跳び込み、ボディブローを突き上げるスタイル。清水はこれにひるむことなく、アグレッシブに左右のパンチを打ち込んでいった。初回、清水の右でマンシトがダウン。挑戦者にダメージはなかったが、清水は前に出て休まず手を出していった。

 清水は左ボディアッパーも使って挑戦者にダメージを与え続け、試合はワンサイドに。4回終了時に40-35×3でリードした清水は5回に猛攻、右フックで2度のダウンを追加。その後、ややもたついたが7回にダウンを奪い、最後はストップ勝ちした。清水は5勝5KO無敗。圧勝しながら手こずった試合内容に「今日はすいません。次は絶対にいい試合をします」と反省の弁。「解説の村田の声が気になって仕方がなかった」とも。マンシトは15勝9KO8敗2分。

◇54.0キロ10回戦
井上拓真(大橋)[3-0(96-94、97-93、98-92)]益田健太郎(新日本木村)
 22歳の拓真と34歳の益田による新旧対決。序盤は拓真がリードをうまく使って試合をコントロールし、益田のアタックをバックステップも使って防いだ。動きの硬かった益田は徐々にペースを上げ、5回にはボディ攻撃から右ストレートを打ち込んだ。流れの悪くなりかけた拓真は距離を意識し直し、7回にはワンツーを打ち込んだ。

 終盤は距離を詰めて打ち合うシーンが増え、有効打では拓真が優勢。9回は右のカウンターから畳みかけて益田を追い込んだ。10回は無理をせずゴールテープを切った拓真はデビューから10連勝(2KO)。益田は27勝15KO9敗。

◇S・ライト級8回戦
井上浩樹(大橋)[TKO4回1分25秒]キム・ドンヒ(韓国)
 動きながら右を打ち込むキムに対し、日本S・ライト級3位のサウスポー浩樹は左を上下に散らして圧力をかけ、初回終盤にはいい右フックを叩き込んだ。スピード、パワー、技術とすべてで上回る浩樹は3回、立て続けにワンツーを決め、ロープに押し込んでラッシュ。ボディに左ストレートを打ち込んでダウンを奪った。4回に左ボディで再びダウンを奪い、最後は右フックでキムがバッタリ。井上は10勝9KO無敗。OPBF同級10位のキムは8勝3KO3敗3分。