2018年2月23日金曜日

アメリカ上陸の比嘉大吾 予想以上の人気に驚き!?

 15連続KO勝利の日本タイ記録を保持するWBC世界フライ級チャンピオンの比嘉大吾(白井・具志堅S)が22日(日本時間23日)、24日(日本時間25日)に米カリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムでゴングとなる「SUPER FLY2」の記者会見を視察した。

 アメリカ進出を目指す比嘉は記者会見場で、IBF世界フライ級王座の防衛戦に臨む3階級制覇王者ドニー・ニエテス(比)、WBA世界フライ級王座決定戦に出場する元2階級制覇王者ブライアン・ビロリア(米)、元WBC世界S・フライ級王者のカルロス・クアドラス(メキシコ)ら、今後ライバルとなり得る選手たちとエール交換した。

 比嘉は渡米前「だれもオレのことを知らなかったらどうしよう」と心配していたが、同行している野木丈司トレーナーによると「予想以上の人気にビックリです」とのこと。比嘉は3週間ほど前に元2階級制覇王者モイセス・フエンテス(メキシコ)を初回KOで下しており、現地でもそのパフォーマンスが話題になっているようだ。

 記者会見を視察が終わると、殿堂入りトレーナー、フレディ・ローチ氏のワイルドカードジムでトレーニング。初のアメリカはかなり充実した様子だ。=写真提供:白井・具志堅ジム=