2018年3月8日木曜日

拳四朗のV3戦が5.25大田区に変更、井上尚弥とダブル

 4月15日に横浜アリーナで行われる予定だったWBC世界L・フライ級王者、拳四朗(BMB)の3度目の防衛戦が、5月25日の大田区総合体育館に変更となった。フジテレビなど主催者が発表した。

 この日は井上尚弥(大橋)が3階級制覇をかけ、WBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネル(英)に挑戦するタイトルマッチが発表されており、当日は井上と拳四朗のダブルタイトルマッチとなる。拳四朗の挑戦者は前王者ガニガン・ロペス(メキシコ)で変更なし。

 これにより4月15日の横浜アリーナは、WBA世界ミドル級王者村田諒太(帝拳)vs挑戦者エマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)、WBC世界フライ級王者比嘉大吾(白井・具志堅S)vs挑戦者クリストファー・ロサレス(ニカラグア)のダブル世界タイトルマッチに落ち着いた。