ボクシングニュース_excite_650x150_伊藤戦

ボクシングニュース_excite_650x150_伊藤戦

2018年4月12日木曜日

ロサレス「比嘉は小さくて細い」王者の減量苦を指摘

 横浜アリーナで4月15日ゴングとなるダブル世界タイトルマッチの予備検診が12日、都内のホテルで行われ、出場4選手が姿を見せた。

 WBC世界フライ級王座の3度目の防衛戦を迎えるチャンピオン比嘉大吾(白井・具志堅S)は常にうつむいて、数も少なく、減量が苦しい様子をうかがわせた。

 無理もないと思わせるのは比嘉の体格だ。検診でマークした胸囲は97.0センチで、これは身長が22センチも高いミドル級、村田諒太(帝拳)の98.5センチとほどんど変わらないのだから、減量もきついのだろう。

 2位挑戦者ロサレスとは身長で8センチ、リーチで18センチも差がある。そのことを問われた比嘉は「いつも大きな選手とやっているので大丈夫です」とボソリ。具志堅会長は「減量? 毎回こんな感じです。コンディションは順調」と話したが、心配そうだった。

 一方のロサレスは「身長とリーチの差は私にとって大きなメリット。最大限にいかす。比嘉の胸囲? まとが大きくて当てやすい」と自信のコメント。体重は「いまはもうリミットに入っているだろう」とのことで元気いっぱいだ。

 比嘉の印象を問われると「ユーチューブで見たときはパワフルだと思ったが、目の前で見てみると小さい、そして細い。強さは感じない」とバッサリ。元気のないチャンピオンを見て自信を深めた様子だった。検診の結果は以下の通り。

     比嘉  ロサレス
身 長 161.0cm 169.0cm
頸 周 35.0cm  36.0cm
胸 囲 97.0cm  79.0cm
リーチ 163.0cm 181.0cm
視力 左2.0右2.0 左1.0右0.9