0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2018年4月30日月曜日

辰吉寿以輝が8連勝 次戦は日本ランカー戦計画

 大阪帝拳ジム主催の第76回ドラマチックボクシングは30日、大阪市のエディオンアリーナ大阪第二競技場で開かれ、メインのS・バンタム級8回戦は、元世界王者の辰吉丈一郎の次男、寿以輝(21=大阪帝拳)が34戦目のベテランの石橋俊(30=仲里)と対戦。3-0判定勝ちでデビューから8連勝(5KO)をマークした。

 ジャブを真っ直ぐ突いて、リズムを取る辰吉は2回に左フックをヒットしてチャンスをつかみ、石橋にロープを背負わせて連打。しかし、強打にこだわる余り、ミスパンチが多く決定打を奪えなかった。

 石橋は後退しながらも左ジャブで距離をキープ、辰吉のパンチを外して、7回には右フックで辰吉をぐらつかせた。内容的には辰吉の完勝ながら、石橋の粘りにあってKOはならず。スコアは79-73、79-74、79-75。石橋は10勝4KO23敗1分。

 吉井寛・大阪帝拳ジム会長は「成長は感じられるが、パンチに強弱を付けてほしかった」と語り、父丈一郎は「もっとミット打ち、スパーリングでパンチのコンビネーションを磨き、プロとして見せるボクシングが必要」と採点は厳しかった。

 吉井会長によると、辰吉は8月か9月に日本ランカーとの対戦を予定しており、辰吉は「もっと練習して、今年も全勝が目標」とレベルアップを誓った。

 アンダーカードの52キロ8回戦は、日本L・フライ級7位、上久保タケル(井岡弘樹)が判定勝ち。S・フェザー級8回戦は日本同級5位、杉田聖(奈良)が日本ライト級8位、脇田将士(堺東ミツキ)を寄せ付けず、2回TKO勝ちした。

◇S・バンタム級8回戦
辰吉寿以輝(大阪帝拳)[3-0(79-73、79-74、79-75)]石橋俊(仲里)

◇52キロ8回戦
上久保タケル(井岡弘樹)[3-0(77-75、78-76、79-75)]寺次孝有希(ミサイル工藤)

◇S・フェザー級8回戦
杉田聖(奈良)[TKO2回2分5秒]脇田将士(堺東ミツキ)

◇S・バンタム級8回戦
堤本京介(大阪帝拳)[TKO4回終了棄権]エンゲルバード・モラルデ(フィリピン)

◇ウェルター級8回戦
結城大二郎(大鵬)[引き分け1-1(78-76、74-79、76-76)]クウエ・ピーター(大橋)