0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年5月19日日曜日

井上尚弥は英国でも強し! ロドリゲスを2回TKO 
WBSSバンタム級決勝でドネアと対戦

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝が18日、英グラスゴーのSSEハイドロで行われ、WBA同級王者の井上尚弥(大橋)がIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に2回1分19秒TKO勝ち。IBF王座を獲得した井上はWBSS決勝(日時場所未定)でWBAスーパー王者ノニト・ドネアと対戦する。

ダウンを奪って雄たけびを上げる井上、このあとは冷静だった

 英国のブックメーカー、ウィリアムヒルのつけたオッズは井上の勝利が1.12倍、ロドリゲスの勝利が4.5倍と大きく井上がリード。それでもアマチュア経験が豊富で、プロ無敗のロドリゲス(19勝12KO)が相手だけに、まずは井上(17勝15KO)がどのように立ち上がるのか注目された。

 初回はロドリゲスが臆せずに井上にプレッシャーをかけた。じりじりと前に出て井上を下がらせ、強烈な左フック、右ショートをを打ち込む。井上はジャブを差しながらステップワークとボディワークでロドリゲスのアタックを交わしたが、左フックを空振りしてバランスを崩すなど硬さが見られた。

 試合後のインタビューで「初回はプレッシャーをかけられ、1ラウンドが終わったときはどうなるか予想できなかった」という井上だが、インターバルの1分でしっかり修正したのはさすがだった。

 2回、わずかに重心を落とした井上がボディにジャブを打ち込むと、続くシーンで左フックがカウンターで炸裂。ロドリゲスがキャンバスに転がった。

 ロドリゲスは何とか立ち上がったが、井上はすかさず右ボディ、左ボディを打ち込んで2度目のダウン。ロドリゲスは首を振ってコーナーに視線を送るが何とか立ち上がる。しかし再び左ボディを食らうと3度目のダウン。立ち上がったもののストップとなった。

ドネアの祝福を受ける井上、肩にリング誌ベルト

 これで井上はWBO・S・フライ級王者時代から数えて、世界タイトルマッチで7連続KO勝ちをマーク。戦績は18勝15KOとなった。プロ初黒星のロドリゲスは19勝12KO。

 試合後はドネアがリングイン。井上は「あこがれていた選手なのでファイナルで戦えるのは光栄」とコメントし、ドネアとがっちり抱き合った。Photos/SUMIO YAMADA

■バンタム級世界王者

WBAスーパー ノニト・ドネア(比)
WBA 井上尚弥(大橋)

WBC ノルディ・ウーバーリ(仏)
WBC暫定 井上拓真(大橋)

IBF 井上尚弥(大橋)

WBO ゾラニ・テテ(南ア)
WBO暫定 ジョンリエル・カシメロ(比)