0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2013年12月4日水曜日

花形と黒木はドロー OPBF女子ミニフライ級決定戦

 3日後楽園ホールで行われた木村&菊井引退記念興行のメイン、東洋太平洋女子ミニフライ級王座決定戦は同級1位の花形冴美(花形)と同級2位の黒木優子(YuKOフィットネス)が三者三様の判定で引き分けた。スコアは2者が77-76でそれぞれ花形を黒木を支持。残りは77-77。

花形と黒木(ボクシングニュース)

今回も熱戦を演じた花形(左)と黒木

 ファイター型の花形とサウスポーのアウトボクサー黒木の一戦は6月に続くダイレクトリマッチ。序盤は花形が持ち前の馬力で黒木を追い込み、黒木は5回に左ストレートを決めてチャンスを作るなど拮抗した展開が続いた。花形が距離を取ったり、黒木が打ち合いに果敢に応じたりと、両者ともに6月の試合から成長を感じさせたが、最後まで決定打が生まれることはなかった。

 同タイトルは空位のまま。6月に続く勝利を手にできなかった花形は8勝3KO4敗2分。黒木は9勝5KO4敗1分となった。試合の模様はスカイA・sports+で来年1月8日午後10時から放送される。