訃報 元真闘ジムの佐々木隆雄会長死去

 元トクホン真闘ジム会長の佐々木隆雄氏が18日、入院先の都内の病院で亡くなった。71歳だった。葬儀は...
>>続きを読む

リナレスがクローラ返り討ちへ、オッズは王者有利

  25日(日本時間26日)英マンチェスターで行われるライト級世界タイトルマッチの最終記者...
>>続きを読む

堤駿斗ら決勝進出 岐阜の高校選抜大会

 岐阜市のOKBぎふ清流アリーナで開催中のアマチュアボクシング、第28回全国高校ボクシング選抜大会兼...
>>続きを読む

宝塚市に医療の連携したジム「レッヒェルン」誕生

 兵庫県宝塚市のJR、阪急の宝塚駅近くに医療施設と提携したボクシングとフィットネスのジム「L&aum...
>>続きを読む

訃報 元真闘ジムの佐々木隆雄会長死去
リナレスがクローラ返り討ちへ、オッズは王者有利
堤駿斗ら決勝進出 岐阜の高校選抜大会
宝塚市に医療の連携したジム「レッヒェルン」誕生

2017年3月20日月曜日

コラム 悲運のボクサーは今日もサンドバッグを叩く

■計量会場に包帯グルグル巻きのボクサー

 2016年も押し迫った12月18日、ボクシングの計量会場で異様な光景を見た。目の前にいた選手がおもむろにズボンを脱ぐと、両脚は何と包帯でグルグル巻き。難しい顔で苦労しながら包帯を外すと、両脚の裏側が「うわっ!」と声を上げたくなるような真っ赤なやけどでただれていたのだ。

 あっけなくドクターストップとなったボクサーの名前は小泉雅也。翌日はデビュー戦だったとはいえ、どう考えても試合のできる状態ではない。それでも彼が一縷の望みを抱いてスーパー・フェザー級のリミット、58.9キロまで体重を落とし、計量会場まで足を運んだのにはわけがあった。

 小泉の年齢は36歳。年が明けて1月1日にはボクサーの定年である37歳の誕生日を迎える。つまり小泉にとってデビュー戦は、プロのリングに立てる最初で最後のチャンスだったのだ。

「めちゃくちゃショックでした。友だちも応援してくれていたし、自分も戦う姿を見せたかった。『なんでやらせてくれないんだ』とも思いましたけど、あの傷では仕方ないのかなと。本当に残念でしたね…」

■21歳で結婚、工場勤務の傍らボクシングに励む

 19歳でボクシングジムに通い始め、21歳からは小熊ジムでトレーニングを続けている。いつかはプロになるつもりが、リングまでの道のりは思いのほか遠かった。マーガリンやホイップクリームを作る食品加工会社の工場で勤務しているため、遅番が多く、連続してジムに通うことが難しかったからだった。

 工場の仕事を辞めて、時間の都合のつくアルバイトなどに切り替えれば、練習に通うこともできただろう。しかし、子どもができて21歳で結婚をした身に、定職を手放すという選択肢はなかった。30歳を過ぎて妻とは離婚をしたが、養育費を払うという責任はしっかり果たしたかった。

■試合6日前の悲劇、熱湯が両脚を直撃

 会社の理解を得てシフトを調整し、小熊正二会長のゴーサインが出たのが昨秋のこと。うちに12月の試合が決まった。やっとプロのリングに上がれる! 喜びもつかの間、試合の6日前に想像もしなかった悪夢は訪れた。

「ホースから出る熱湯を凍っている食材にかけて溶かし、タンクに入れる作業をしているときでした。この作業は水と蒸気をうまくレバーで調整して、ちょうどいい熱湯を作るんです。工場は集合管になっているので、別の場所でで水を大量に使ったりすると、自分のホースをレバーで調整しないといけない。そのホースが床で暴れだしてしまって…」

 別の作業員が床に置いたホースが、何らかの原因で水と蒸気のバランスを崩し、高温の蒸気を突如大量に噴出した。これが小泉の足に直撃した。背後でいきなりホースが暴れたため、まったくよけることはできなかった。蒸気を浴びた両脚の裏側は無残な状態となり、小泉は病院に担ぎ込まれた。

 あきらめきれず計量会場まで行ったが、ドクターストップを食らったのは前述の通りだ。翌日に病院に行くと、即入院を言い渡された。やはり試合に出られるような状態ではなかったのである。

■身体が持つ限りボクシングを続ける

「スパーリングでやられて、もっと強くなりたい、もっとうまくなりたいと思って練習する。ここでやめたら負けだと思って練習する。その繰り返しです。スパーができなくなっても、サンドバッグとか叩き続けると思います。身体が持つ限りはやりますよ。自分の性格からして仕事人間にもなれないですしね。社会人失格かもしれないですけど」

 幻となったデビュー戦から2か月半がすぎた3月某日、小泉は久々にジムで汗を流した。入念にシャドーボクシングをし、小熊会長のミットにパンチを打ち込み、サンドバッグに向かい、パンチの軌道を確認した。ボクシングのない人生なんて考えれない。たとえ試合に出られなくても、小泉はサンドバッグを叩く。(渋谷淳)

※この記事はYahooニュースより転載しています(一部省略)https://news.yahoo.co.jp/byline/shibuyajun/20170317-00068778/



2017年3月20日月曜日

ゴロフキン陣営ルーファー氏「カネロ戦が最優先」

 ダニエル・ジェイコブス(米)を下してミドル級3冠を保持したゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の今後について、ゴロフキンのプロモーター、K2プロモーションのトム・ルーファー氏が発言。サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)とのビッグマッチの実現に全力を尽くす考えをアピールした。

 ボクシング・シーンなどによると、ゴロフキンは試合後「私のゴールはベルトを統一すること。(WBOミドル級王者)ビリー・ジョー・サンダースとの試合は夢へのラストステップとなる。願わくばその試合がカザフスタンで開催されればうれしい」と語った。

 ゴロフキンの望むプランは6月に母国カザフスタンでサンダースとの統一戦を挙行し、これをクリアして9月に米国でカネロとのメガファイトにつなげるというもの。

 これを受けてサンダースは「カザフスタンでもどこでも戦う」と発言しているが、カネロ側のゴールデンボーイプロモーションは、6月に試合を入れると、9月のビッグマッチのプロモーションに影響が出ると懸念しており、交渉がどう進むかは予断を許さない。

 ルーファー氏は「カネロ戦が最優先事項だ」と強調しながら、「まだ(統一戦もカネロ戦も)最終決定はしていない。ゴールデンボーイともカザフスタンとも話し合わなければならないことがたくさんある」と交渉が簡単ではないことをほのめかす。

 いずれにしてもカネロ戦は、カネロが5月6日にフリオ・セサール・チャベスJr戦を控えており、これを終えなければ最終的な結論は出ない模様。また、ルーファー氏は、18日に小差判定勝ちした前WBAレギュラー王者ダニエル・ジェイコブス(米)との再戦については否定的な見方を示した。Photo/SUMIO YAMADA



2017年3月20日月曜日

ロマゴンまさかの初黒星でジャッジ批判の声も

 18日(日本時間19日)米ニューヨークでパウンド・フォー・パウンド1位、4階級制覇王者のローマン・ゴンサレス(ニカラグア)がシーサケット・ソールンビサイ(タイ)にまさかの敗戦を喫した余波が広がり、周囲からはさまざまな声があがっている。

 マジソン・スクエア・ガーデンで行われた試合は、ゴンサレスが初回にダウンを喫する波乱のスタート。3回には偶然のバッティングで右目じりをカットし、顔面を血に染めながら追い上げを図ったが、シーサケットがアップセットを許す結果となった。スコアは114-112×2、113-113だった。

 ファイトニュースによると、殿堂入りレフェリーのジョー・コルテス氏は「明らかにチョコラティートが勝っていた。私のスコアではローマンが6ポイント勝っている。ジャッジたちは明らかにミスをした」と手厳しくコメント。「チョコラティートはいまでも世界のベスト・ファイターだ」と初黒星を喫して前王者を擁護した。

 CompuBoxが出したスタッツ(ヒット数/パンチ数)は、ゴンサレスがトータルで441/1013(的中率43.5%)、シーサケットが284/940(同30.2%)。ジャブはゴンサレス69/354(19.5%)、シーサケット7/176(4%)、パワーパンチがゴンサレス372/659(56.4%)、シーサケット277/764(36.3%)。数字上ではゴンサレスが上回った。

 WOWOWで試合の解説をした村田諒太(帝拳)は試合後「シーサケットといい、ゴロフキンといい、今日のジャッジは前に出るほうがポイントになったような気がする。あれがラスベガスだったら距離をとるほうにポイントを与えたかもしれない。不運なダウンもカットもあったし、今日はローマンの夜ではなかった。そういうことだと思います」と感想を述べていた。Photo/SUMIO YAMADA



2017年3月19日日曜日

ホープ清瀬天太が5連勝、山本拓はランカー撃破

 姫路木下ジム主催の第48回ビッグファイトボクシングは19日、兵庫県市川町文化センターひまわりホールで開かれ、メインのバンタム級8回戦は、OPBF同級8位、日本同級13位の清瀬天太(20=姫路木下)が6回に連打して東泰誠(25=真正)にTKO勝ちした。清瀬は12勝5KO2敗。

 セミのS・バンタム級8回戦は、ノーランカーの山本拓哉(27=エディタウンゼント)がショート連打を集めてOPBFフェザー級13位、芹澤天明(22=姫路木下)に打ち勝って判定勝ちした。山本は9勝4KO5敗。

 また、元OPBF、日本L・フライ級2位の大内淳雅(31=姫路木下)の引退式がが行われ、姫路木下、角海老宝石ジムで日本タイトルに2度挑み、20勝6KO9敗3分の戦績を残した大内がテンカウントに送られ14年間のリング生活を終えた。

◇バンタム級8回戦
清瀬天太(姫路木下)[TKO6回2分40秒]東泰誠(真正)
 2014年西日本バンタム級新人王の清瀬がサウスポー相手にやや手間取ったものの、ジム期待のホープらしい連打で5連勝(4KO)を飾った。

 立ち上がりは慎重に東の動きを見てジャブで様子をうかがった清瀬は2回からは右ストレートを繰り出して東を追った。東はショートの左ストレートでカウンターを狙うが、勢いは清瀬が上。4回から清瀬は右を狙う戦法から左フックでボディを攻める作戦に切り替え、東の動きを鈍らせた。

 5回に連打でロープを背負わせた清瀬は6回も攻撃の手を緩めずに、右ストレートをヒット、後退する東にパンチを集めたところで主審が試合を止めた。

◇S・バンタム級8回戦
山本拓哉(エディタウンゼント)[2-0(77-77、78-76、77-76)]芹澤天明(姫路木下)



2017年3月19日日曜日

ロマゴンまさかの敗戦、井上尚弥もショック

  WBO世界S・フライ級チャンピオンの井上尚弥(大橋)が19日、WOWOW辰巳放送センターでメディアの取材に応じ、ターゲットにしているローマン・ゴンサレス(ニカラグア)がシーサケット・ソールンビサイ(タイ)に敗れ、WBC世界S・フライ級王座から陥落した試合について「言葉が出ない」とショックを露にした。

 井上はこの日、村田諒太(帝拳)とともにゴンサレスとゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が出場したニューヨークの試合のゲスト解説を務め、ゴンサレス陥落を目の当たりにした。

 パウンド・フォー・パウンドの1位にランクされ、同じクラスの対抗王者でもあるロマゴンとの対戦は、本人もファンも楽しみにしていたところ。井上は「(大橋秀行)会長から今年の年末にあるかもしれないと聞いていたのでショックですね」とがっかりした様子で語った。

 試合の内容については「1ラウンド目のダウン、(3ラウンドに喫した)カットは不運だった」としながら「(S・フライ級にクラスを上げて)相手の耐久力もあって、ゴンサレスパンチがミニマム、L・フライ、フライのときは押し切れた場面で押し切れなかった印象がある」と分析した。

 村田はゴロフキン戦についてコメント。「実際に生で見ないと効果的なパンチかどうかわからない」としながら、手元の採点はダニエル・ジェイコブス(米)の小差勝利だったと明かした。

 試合の感想は「ジェイコブスはゴロフキンが入ってくるところにうまく合わせて、ゴロフキンに(強いパンチを打つ)形を作らせないようにしていた」とジェイコブスの戦い方に感心した様子だった。試合の模様は20日午後9時からWOWOWライブで再放送される。



Page 4 of 1,84523456