井上尚弥&村田諒太がダブル解説、内藤律樹が再起戦

■WBO世界S・フライ級王者の井上尚弥(大橋)とWBAミドル級2位の村田諒太(帝拳)が3月19日(日...
>>続きを読む

ニエテス3階級制覇へ、週末はワイルダーV5戦

■2階級制覇王者ドニー・ニエテス(比)が4月29日、比国セブ島でIBF世界フライ級王座決定戦に出場。...
>>続きを読む

山中慎介の挑戦者カールソン、左フックはパワーあり

  3月2日両国国技館でWBC世界バンタム級チャンピオン山中慎介(帝拳)に挑戦する同級6位...
>>続きを読む

元王者アルジェリがジェイコブスの栄養士務める

■ミドル級統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と3月18日ニューヨークで対戦するWBA同級...
>>続きを読む

井上尚弥&村田諒太がダブル解説、内藤律樹が再起戦
ニエテス3階級制覇へ、週末はワイルダーV5戦
山中慎介の挑戦者カールソン、左フックはパワーあり
元王者アルジェリがジェイコブスの栄養士務める

2017年2月21日火曜日

カネロvsチャベスJr メキシコシティでプレゼン第1弾

  5月6日ラスベガスのT-モバイル・アリーナで顔を合わせるサウル“カネロ”アルバレスとフリオ・セサール・チャンベスJr(ともにメキシコ)が20日(日本時間21日)、メキシコシティでプレゼンテーションに臨んだ。会場は同地南部にあるTVアステカの駐車場。約3000人のファンが詰め掛けた。

 カネロ(48勝34KO1敗1分)にはチャポ&エディのレイノソ・トレーナー親子、オスカー・デラホーヤ、エディ・ゴメスのGBPの重役がエスコート。チャベス(50勝32KO2敗1分)には父のフリオ・セサール・チャベス・シニアが付き添った。

 マイクの前でカネロは「私を応援してくれる人もいれば中傷する者もいる。でもとにかく試合は決まった」とコメント。対するチャベスは「5月6日、2人のうちどちらが強いか判明する。自分が勝つことを約束する」と決意を語った。

 プレゼンは明日21日ニューヨークの「ハードロック・カフェ」で2回目、その後23日ヒューストン、24日ロサンゼルスをサーキットする。試合は164.5ポンド(74.62キロ)リミットの12回戦。今のところオッズは6-1ほどでカネロ断然有利と出ている。Photos/Zanfer Promociones



2017年2月20日月曜日

細川貴之が4.9再起戦に備え錣山部屋「入門」

 六島ジムの枝川孝会長は20日、4月9日に大阪市住吉区民センターで開く主催興行「You will be the champion7」の出場選手を発表した。

 メインはS・バンタム級8回戦でOPBFバンタム級王者、マーク・ジョン・ヤップが務め、セミは71キロ8回戦で、前OPBF・S・ウェルター級王者、細川貴之の再起戦。S・フライ級8回戦には大阪市立大学の大学院生ボクサー、坂本真宏が出場する。3人の対戦相手はいずれもタイ人選手。また、ウェルター級8回戦に日本S・ライト級10位、岡本和泰(奈良)も出場する。

 当初、ヤップは初防衛戦を予定していたが、挑戦者が名乗りを上げてこないため、7月30日に初防衛戦を組むことにし、今回はノンタイトル戦にしたという。ヤップは「防衛を重ねて、世界ランキング(IBF10位、WBC15位)を上げるのが目標。山中慎介王者に挑戦するのが夢」と語った。

 昨年暮れに大石豊(井岡弘樹)に敗れて無冠となった細川は「心技体すべてが中途半端なので、3月の大阪場所に来る大相撲の錣山(しころやま)部屋に入門、寺尾常史親方と寝食をともにして、一から下半身を鍛え直します」と再出発の意気込みを語った。

 細川がアルバイトしている大阪・桜橋のちゃんこ料理店は寺尾親方の経営。寺尾親方はボクシング好きで、「出直すなら部屋に来い。面倒をみるから」と言われたそうで、細川は28日から奈良県大和高田市の錣山部屋に入門、まわしを締めて朝稽古に1週間取り組む。「ぶつかり稽古もやります。朝稽古の後は、ランニングもやります」と細川は必死だ。

 枝川会長は「出直して、いい勝ち方をしてくれれば7月20日に大石への挑戦を考えている」とジム最古参の復活を期待していた。



2017年2月20日月曜日

元OPBF王者の椎野大輝、4.21福本雄基と引退式

 元OPBFバンタム級チャンピオンの椎野大輝(30=三迫、写真右)が4月21日、後楽園ホールで開催される三迫一門会で、同門の元日本ランカー、福本雄基(31=写真左)とともに引退式を行うことになった。

 東洋大出身の椎野は2009年にプロデビュー。思い切りのいい好戦的なファイトで頭角を現し、11年にWBCインターナショナル・バンタム級王座に就き、初防衛戦でその王座を奪われたデニス・トゥビエロン(フィリピン)とOPBF王座をかけて13年に対戦。2回KO勝ちしてOPBFタイトルを手にした。

 初防衛戦に岩佐良佑(セレス)に王座を奪われ、14年に現日本同級11位の坂本英生(フジタ)に敗れた試合がラストファイトとなった。戦績は11勝10KO4敗。坂本戦後から三迫ジムのトレーナーとして活躍している。

 福本は06年にプロデビュー。スピードを生かしたスタイルでランキングを上げ、10年の日本タイトル初挑戦では、のちに世界王者となる佐藤洋太に敗れた、15年6月にはOPBF王者の江藤光喜(白井・具志堅S)の軍門に下り、またも王座獲得はならず。同年10月の試合が最後となった。戦績は17勝5KO11敗。

 なお当日のメインイベントは日本S・ライト級5位の永田大士(三迫)が元ドミニカ共和国王者のデスティノジャパン(ピューマ渡久地)と8回戦を行う。



2017年2月20日月曜日

山中慎介3.2直前TV情報、岩佐亮佑の相手は比国6位

■3月2日の両国国技館で挑戦者カルロス・カールソン(メキシコ)を迎えて12度目の防衛戦を迎える山中慎介(帝拳)の試合までのテレビ出演番組が以下の通り決定。すべて日本テレビまたはその系列で放送。

2/25(土)19時00分~20時54分 世界一受けたい授業 もしアナタの家族が〇〇になったらどうしますか? 2時間SP
2/26(日)27時45分~28時 深夜フィラー①~③ 5分×3本 防衛の軌跡、山中×長谷川対談ほか
2/28(火)27時54分~27時59分 深夜フィラー①のみ再放送 3/1(水)10時25分~11時30分 PON! 番組内で企画 年間表彰式時に山本アナウンサーがチャンピオンをインタビュー
3/1(水)24時59分~25時29分 中継事前番組「私たちの山中慎介 最強チャンピオンへカウントダウンSP」

■山中と同じ両国のリングに登場するIBF・S・バンタム級3位の岩佐良佑(セレス)の対戦相手がフィリピン・フェザー級6位のグレン・メドゥラ(8勝5KO1敗1分)に決定。試合は124ポンド契約8回戦で行われる。岩佐はIBF王者、小國以載(角海老宝石)への挑戦権を得ている。また日本初登場、帝拳ジムと契約した元世界2階級制覇王者ブライアン・ビロリア(米)はメキシコS・フライ級王者ルーベン・モントーヤ(メキシコ)と114ポンド契約8回戦を行う。



2017年2月20日月曜日

メキシコシティの中心で一大イベントが企画

 メキシコシティの中心にあるソカロ(中央広場)で4月1日、世界タイトルマッチをメインとするイベントが企画されている。仕掛け人は同国大手プロモーションのプロモシオネス・デル・プエブロ。18日、同プロモーションのオスバルド・キクレ社長が現地メディアに明かした。

 キクレ氏はメインにはWBC世界L・フライ級王者ガニガン・ロペス(メキシコ=写真)を抜擢したいと言っている。相手は元王者で現1位のペドロ・ゲバラ(メキシコ)が有力。試合が成立しないケースは、女子の人気選手で元王者のマリアナ“バービー”フアレス(メキシコ)がWBC女子世界バンタム級王者キャサリン・フィリ(ザンビア)に挑戦する運びになるという。交渉次第でダブルメインの可能性もある。

 同日は同プロモーション所属の男女選手が多数リングに登場する見込み。メキシコの歴史的建造物、中央宮殿もあるソカロは、9月の独立記念日になるとメキシコシティ中から人が集合し賑わう名所。実現すれば約3万人のファンが集まると予測される。一方でフアン・マヌエル・マルケス(メキシコ)の復帰戦も同所でプランにあがったが、元複数階級王者は準備期間が短い理由で今回は拒否した。



Page 4 of 1,82023456