リナレスが2-1防衛、キャンベルの追撃かわす

 WBA世界ライトとWBC同級ダイヤモンドベルトを保持する王者ホルヘ・リナレス(帝拳=ベネズエラ)が...
>>続きを読む

パーカーがヒューイに2-0勝利 WBOヘビー級V2

 英国マンチェスターで23日(日本時間24日)行われたWBO世界ヘビー級タイトルマッチは、王者ジョセ...
>>続きを読む

高橋竜也がKO勝ち 黒木健孝&井上庸の引退式も

  つくば市のつくばカピオで行われた「ダイナミック・ヤングファイト・ボクシング」のメインカ...
>>続きを読む

別府優樹逆転、16度目のKO勝ち つくば市

 「九州のタイソン」、ヒヤリ……。23日茨城県つくば市のつくば...
>>続きを読む

リナレスが2-1防衛、キャンベルの追撃かわす
パーカーがヒューイに2-0勝利 WBOヘビー級V2
高橋竜也がKO勝ち 黒木健孝&井上庸の引退式も
別府優樹逆転、16度目のKO勝ち つくば市

2017年9月16日土曜日

もう一つのミドル級、サンダースvsモンローもあす

 ロンドンのカッパーボックス・アリーナで16日(日本時間17日)挙行されるWBO世界ミドル級タイトルマッチの計量が15日行われ、王者ビリー・ジョー・サンダース(英)、挑戦者5位ウィリー・モンローJr(米)ともリミットの160ポンド(72.57キロ)をマークし、合格した。計量の途中、サンダースの息子がハカリに乗り、モンローにちょっかいを出す場面があったが、プロモーターのフランク・ウォーレンが抱かかえ、大きな騒ぎにはならなった。

 サンダース(24勝12KO無敗)は7月に暫定王者アブタンディル・クルツィゼ(ジョージア)との防衛戦が組まれたが、クルツィゼがロシアの犯罪組織に関与した容疑で逮捕されキャンセル。昨年12月以来のリングとなる。同日ラスベガスで行われるゲンナジー・ゴロフキンvsカネロ・アルバレスの勝者との統一戦を希望している。

 対するモンロー(21勝6KO2敗)は米ニューヨーク州が地元の30歳。15年5月、ゴロフキンに挑戦し6回KO負け。もう一つの敗戦は11年、ディレル・ブーン(米)という選手に1-2判定負けを喫したもの。サウスポーのテクニシャンが敵地でどれだけ奮戦するか見ものだ。Photo/BoxingScene.com



2017年9月16日土曜日

メリンドvsバドラー 比国でIBF世界L・フライ級戦

  フィリピン・セブシティのウォーターフロント・ホテルで16日挙行されるIBF世界L・フライ級タイトルマッチの計量が15日行われ、王者ミラン・メリンド(フィリピン)、挑戦者で元WBAミニマム級王者エッキー・バドラー(南アフリカ)ともリミットの108ポンド(48.97キロ)を計測しクリアした。

 メリンド(36勝13KO2敗)は5月、八重樫東(大橋)に初回KO勝ちで奪った王座の初防衛戦。「エッキー陣営が試合を受けてくれたことに感謝している。彼は強敵でイージーな展開にはならないだろう。でも印象的なパフォーマンスを披露して、このクラスのベストな一人であることを証明したい」とメリンド。

 L・フライ級はWBAが田口良一(ワタナベ)、WBOが田中恒成(畑中)、WBCに拳四郎(BMB)が君臨。日本人王者たちにライバル意識を見せる。  バドラー(31勝10KO2敗)は16年3月、WBA王座をバイロン・ロハス(ニカラグア)に明け渡した後、2連勝。マイナー団体IBOの同級王座に就いており、この一戦でメジャー団体2階級制覇を目指す。

 セミでは元IBF世界L・フライ級&フライ級王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン)が同国のジョナス・スルタンとIBF・S・フライ級1位決定戦を行う。王者は同じフィリピンのジェルウィン・アンカハス。カシメロ(24勝15KO3敗)はリミットの115ポンド(52.16キロ)、スルタンは114.75ポンド(52.06キロ)でパスした。Photo/BoxingScene.com



2017年9月15日金曜日

GGGvsカネロを村田が予想「間違いなく面白い!」

 3団体統一世界ミドル級王者とゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)と元2階級制覇王者サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)の試合がいよいよ16日(日本時間17日)ゴングとなる。両雄が「今年最大の一戦」(ゴロフキン)、「自身のキャリア最大の一戦」(カネロ)と位置付けるビッグマッチはいったいどんな試合展開になるのか? 同じくミドル級で世界と戦う村田諒太(帝拳)が、試合のみどころをWOWOWに語った。

国を代表する英雄同士の戦い

――ゴロフキンとカネロはどんな選手ですか?

 ゴロフキンはカザフスタンの英雄。カネロはメキシコの英雄。それこそ国を代表する者同士の戦い、といっても過言ではないですね。両方倒し屋タイプなので、非常にエキサイティングな試合になると思います。

 ゴロフキンはボディを嫌がるので、カネロはボディを混ぜながらとにかく前に出て行くことが大事。中盤・終盤にゴロフキンは落ちてくるところがあるので、そこをつけるがキーポイントになってくると思います。ただカネロも中盤から落ちてくるタイプ。

 もしかしたら、カネロの方が失速するのは早いかもしれません。ただ両者ともにタフなので、早い展開の試合にはならないと思います。ゴロフキンもカネロも、足を使って下がるという戦い方は出来ないので、どこかで打ち合う覚悟がいると、互いに思っているんじゃないでしょうか。

カネロはゴロフキンの圧力を克服できるか

――どんな試合展開になると思いますか?

 ゴロフキンがプレッシャーをかけて、それをカネロが迎え撃つという形になると思います。カネロは序盤からゴロフキンの圧力に負けず、反対に彼を下がらせることが出来れば、試合の流れはカネロに傾いてくるのではないでしょうか。

 カネロはゴロフキンのパンチをしっかり見て、ブロックやディフェンス技術で対応できるか。対応できると思ったら、カネロの得意とする回転の速い高速コンビネーションでしっかり打ち込めるか。それにかかっていると思います。

 反対にゴロフキンにジャブなどで顔面を押し上げられて、強いパンチで押し込まれるようなら正直勝ち目はない。ゴロフキンの圧力に負けて、カネロがどんどん下がってしまったら、ゴロフキンのワンサイドゲームになってしまう可能性が高いと思います。

 この試合のみどころは、試合の序盤。2人がどんな試合の入り方をするのかに注目して見て欲しいです。

中差の判定もしくはKOでゴロフキンの勝ち?

――勝敗の行方はどうなりますか?

 勝敗は中差の判定でゴロフキン、もしくは中盤・終盤KO、TKOでゴロフキンという感じかと。ただ、序盤にゴロフキンの圧力に対して、カネロが踏ん張ることが出来るか。さらに高速コンビネーションでゴロフキンの顔面やボディにダメージを与えられれば、カネロにも大いにチャンスがあると思います。

――今年最大のビッグマッチと言われていますが、同じミドル級として見逃せないですね?

 ビッグファイトと言われる試合は、往々にして面白くないゲームが多いけれど、今回は相性的に考えても、エキサイティングで期待できる試合だと思います。この試合は絶対に面白い! それは間違いないです。ボクシングの醍醐味をこの試合で味わってもらいたいですね。

勝者と村田がやったら面白いと思える試合を

――ご自身も10月にエンダムとの再戦が決まりました。

 こんなダイレクトにリマッチを組んでもらえることは非常にありがたいことだと思います。次はしっかり倒して勝ちたいですね。練習もすごくよくやれていると思います。 それこそ、『ゴロフキンvsカネロの勝者と組ませたら面白いんじゃないの』と世間の方々に思ってもらえるように、次の試合はノックアウトで勝ちます!

「生中継!エキサイトマッチスペシャル 頂上決戦!ゲンナディ・ゴロフキンvsカネロ・アルバレス」は、9月17日午前10時よりWOWOWプライムで生中継される。

↓↓↓最新情報はこちらから↓↓↓
■エキサイトマッチ~世界プロボクシング 番組オフィシャルサイト
(wowow.co.jp/excite)
http://www.wowow.co.jp/sports/excite/



2017年9月15日金曜日

エンダムとの再戦まで5週間、村田諒太が公開練習

 10月22日両国国技館でWBA世界ミドル級正規王者アッサン・エンダム(仏)に挑戦する同級1位の村田諒太(帝拳)が試合まであと5週間あまりとなった15日、都内のジムでスパーリングを公開した。

 5月にWBA王座決定戦として行われたエンダムとの第1戦は、勝ったと思って終了のゴングを聞きながら、まさかの1-2判定負け。リベンジマッチに向けて村田は「この調子でやっていけばいけるんじゃないかと自信を深めている段階。(第1戦の前とは)精神的な落ち着きが違う」と好調をアピール。敗れながらも世界トップクラスのエンダムを相手に「村田が勝っていた」との声が多数を占めた戦いを演じたことが、精神的な支えになっているようだ。

エンダムが前半に打ち合ってくるパターンも想定

 前回の試合である程度の見通しが立ったとはいえ、リマッチが第1戦と同じ展開になるとは限らない。陣営はアウトボクサーのエンダムが第1戦とは戦法を変え、前半は打ち合ってくることも想定。パワーのあるアドリアン・ルナと、フットワークの巧みなパトリック・デイという持ち味が対照的な2人のパートナーを相手に、接近戦と追いかける展開の両面を磨いていく方針だ。

 さらにスタミナ強化を目指して、前回は試合50日前に打ち切った高強度のインターバル・トレーニングを試合近くまで継続する予定。第1戦はチャンスでスタミナ切れを心配し、詰め切れなかった点を少しでも克服しようとしている。

 この日はアドリアン・ルナ(メキシコ)と3ラウンドのスパーリングだったが、右のオーバーハンドを2発もらうなど、完璧な内容とはいえなかった。それでも村田は「今日は悪いところが出たけど、これはこれで収穫です」と課題が見つかったことに前向きな姿勢。日本中が注目するタイトルマッチに向け、周囲に惑わされず、足元を見つめながらじっくり仕上げていくつもりだ。



2017年9月15日金曜日

ゴロフキンvsカネロあと2日 WOWOWインタビュー

 ミドル級3団体統一王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)が、元2階級制覇王者のサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)と対戦する3団体統一世界ミドル級タイトルマッチは16日(日本時間17日)、米ラスベガスのT-モバイル・アリーナでゴングとなる。現地13日、同地のMGMグランドホテルで開かれた記者会見後、両選手がWOWOWのインタビューで試合への意気込みを語った。注目の一戦は17日午前10からWOWOWプライムで生中継される。

<カネロ・アルバレス>
――試合まで4日となりましたが、準備はできていますか?
準備はできています。最高のトレーニングキャンプができたので、メンタル、フィジカルともに状態は万全です。今回はいつもと違うトレーニングも取り入れました。それは、ノックアウトするためのトレーニングです。ノックアウトできるかどうかは、試合の流れとその時の状況で決まるので、どうなるかはわかりません。でも、準備はしてきました。どんな試合展開になるかは当日見てください!

「KOをするためのトレーニングをしてきた」

――つまり、ノックアウトするために攻めるというゲームプランですね?
試合がどんな展開になるのかやってみないとわかりませんが、もちろんプランはあります。ただ、それは試合がどんな展開になるのかを見てからのことです。

――日本のファンにメッセージをお願いします。
私を応援してくれている日本のファンのみなさまに感謝しています。 グレートな試合をするので楽しんでほしいです!

<ゲンナディ・ゴロフキン>
――試合まで4日となりましたが、どんな気持ちですか?
とてもいい感じです。準備はできています。気分もとても高まっています。

――カネロはノックアウトを狙うと言っています。攻める姿勢で試合に臨んでくると聞いて嬉しいですか?
カネロもそうでしょうが、私は誰とでも戦える準備をしてきました。9月16日(日本時間9月17日)を迎える準備は万全です。

「ドラマティックなファイトをお届けする」

―最後に、日本のファンにメッセージをお願いします。
この試合を、そしてボクシングを応援してくれてありがとうございます。ファンのみなさまにドラマチックなファイトをお届けします!ありがとう。

◆◆◆WOWOW番組情報 ◆◆◆
刮目せよ!究極のボクシング月間

★「いよいよゴング!頂上決戦!ゴロフキンvsカネロ・アルバレス」
【放送日】9月17日(日)午前9:30~[WOWOWプライム]※無料放送

★「生中継!エキサイトマッチスペシャル 頂上決戦!ゴロフキンvsカネロ・アルバレス」
【放送日】9月17日(日)午前10:00~[WOWOWプライム]※生中継

3団体統一世界ミドル級タイトルマッチ ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)/3団体統一世界ミドル級チャンピオン
 vs サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)/元2階級制覇王者

★「生中継!エキサイトマッチ ホルヘ・リナレス王座防衛戦」
【放送日】9月24日(日)午前11:00~[WOWOWライブ]※生中継

WBA世界ライト級タイトルマッチ ホルヘ・リナレス(ベネズエラ/帝拳)/3階級制覇王者
 vs ルーク・キャンベル(英)/WBA世界ライト級1位



Page 9 of 2,0127891011