「たぶんKOね!」ヤップが井上拓撃破への決意表明

 WBC世界バンタム級3位のマーク・ジョン・ヤップ(29=六島)が20日、大阪市のジムで枝川孝会長と...
>>続きを読む

細川チャーリー、垂水稔朗が日本王座挑戦アピール

「ゴールデンチャイルドボクシングvol.123」が21日、後楽園ホールで行われ、メインのミドル級8回...
>>続きを読む

村中優また減量失敗 あすの日本バンタム級戦は中止

 あす21日後楽園ホールでゴングとなる日本バンタム級王座決定戦の計量が21日、日本ボクシングコミッシ...
>>続きを読む

9.11井上拓vsヤップ WBCバンタム級挑戦者決定戦

 WBCバンタム級3位のマーク・ジョン・ヤップ(六島=フィリピン)と同級9位の井上拓真(大橋)が9月...
>>続きを読む

「たぶんKOね!」ヤップが井上拓撃破への決意表明
細川チャーリー、垂水稔朗が日本王座挑戦アピール
村中優また減量失敗 あすの日本バンタム級戦は中止
9.11井上拓vsヤップ WBCバンタム級挑戦者決定戦

2018年6月9日土曜日

戸部洋平はメキシコ登場 元世界王者ロドリゲス戦

 元日本S・フライ級チャンピオンの戸部洋平(三迫)は9日(日本時間10日)、メキシコのモンテレイでWBCラテン・シルバーS・フライ級王者フランシスコ・ロドリゲスJr(メキシコ)に挑戦する。両選手ともに前日計量をクリアした。

 24歳のロドリゲス(27勝19KO4敗1分)は元WBO世界ミニマム級王者で14年8月には高山勝成に勝利してIBF同級王座を吸収。その後徐々にクラスを上げ、今年3月、WBCのS・フライ級地域王座を獲得した。現在はWBC同級11位にランクされている。

 現日本S・フライ級3位の31歳、戸部(13勝9KO2敗1分)は16年4月、南アフリカに遠征してWBAインターナショナルS・フライ級王座を獲得しており、今回も海外で強いところを見せ、価値ある勝利を目指す。



2018年6月9日土曜日

MGMはクロフォード登場 3階級制覇かけホーン戦

 米ラスベガスのMGMグランドでは9日(日本時間10日)、WBO世界ウェルター級タイトルマッチが行われる。挑戦者のテレンス・クロフォード(米)は146.5ポンド(66.45キロ)、王者ジェフ・ホーン(豪)は1回目の計量で500グラム超過だったが、再計量でリミットの147ポンド(66.67キロ)をクリアした。

 各メディアのパウンド・フォー・パウンド・ランキングで上位を占めるクロフォード(32勝23KO無敗)はWBOライト級、WBO・S・ライト級に続く3階級目のベルトをこの試合にかける。

 昨年7月、スーパースターのマニー・パッキャオ(比)から王座を奪って名を挙げたホーン(18勝12KO1分)はこれが2度目の防衛戦。戦前の予想は挑戦者有利に大きく傾く中、意地を見せることができるか。



2018年6月9日土曜日

米西海岸サンタクルスvsマレス チャーロvsトラウト

 米ロサンゼルスのステープルズ・センターではWBA世界フェザー級“スーパー”王者レオ・サンタクルス(メキシコ=米)と同“レギュラー”王者アブネル・マレス(メキシコ=米)がリマッチ。前日計量はサンタクルスは125.4ポンド(56.88キロ)、マレスは125.8ポンド(57.06キロ)であすの試合に進んだ。

 両者は15年8月、今回と同じ会場で対戦してサンタクルスの2-0判定勝ち。サンタクルス(34勝19KO1敗1分)はカール・フランプトン(英)から奪い返したベルトの2度目の防衛戦。マレス(31勝15KO2敗1分)は2度目の防衛戦。なお、この試合にはWBCダイヤモンドベルトがかけられる。

 同じリングでは、WBC世界S・ウェルター級王者ジャーメル・チャーロ(米)がオースティン・トラウト(米)を迎えて3度目の防衛戦を行う。計量はともにリミットの154ポンド(69.85キロ)だった。

 ビッグネームとの対戦も多いベテランのトラウト(31勝17KO4敗)は16年5月、チャーロ(30勝15KO)の双子の兄ジャモール(現WBCミドル級暫定王者)の持つIBF・S・ウェルター級王座に挑戦して判定負け。再びチャーロ兄弟の牙城に挑む。Photos:Stephanie Trapp/SHOWTIME



2018年6月9日土曜日

あすヒューリー復帰戦、WBO・S・ライト級決定戦も

 あす9日(日本時間10日)英マンチェスター・アリーナでゴングとなるイベントの前日計量が現地で行われ、メインのヘビー級10回戦は、元統一王者タイソン・ヒューリー(英)が276ポンド(125.19キロ)、対戦相手のセフェル・セフェリ(マケドニア=スイス)が211ポンド(95.70キロ)をマークした。

 薬物問題でライセンスをはく奪されるなど長期戦線離脱していたヒューリー(25勝18KO無敗)は15年11月、ウラジミール・クリチコ(ウウライナ)を番狂わせで下して以来、2年7ヵぶりのリングとなる。

 3団体統一王者アンソニー・ジョシュア(英)とWBC王者デオンタイ・ワイルダー(米)の4団体統一戦がクローズアップされる中、ヒューリーが再び主役の一人になれるかどうか注目の一戦だ。クルーザー級出身のセフェリ(23勝21KO1敗)は30キロ差の戦いに挑む。

 WBO世界S・ライト級王座決定戦は、2階級制覇を目指す前WBOライト級王者のテリー・フラナガン(英=33勝13KO無敗)が139.3ポンド(63.18キロ)、マウリセ・フッカー(米=23勝16KO3分)が139.25ポンド(63.16キロ)をマークした。決定戦はテレンス・クロフォード(英)の王座返上によるもの。



2018年6月8日金曜日

ゴロフキン陣営が譲歩 カネロ戦に望みつなぐ?

 ミドル級統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)をプロモートするトム・ルーファー氏は、サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)を擁するオスカー・デラホーヤ氏の“交渉決裂宣言”を受け、両選手の再戦実現に向け、契約内容を譲歩する考えを明らかにした。

 デラホーヤ氏の発言に続き、IBFが指名試合を実行していないゴロフキンの王座はく奪を決定。ロフラー氏によると、2冠王者となったゴロフキンは50-50と主張していた報酬の割合を、自らの取り分を下げて55-45にすることに合意。ESPNの取材に対しロフラー氏は「デラホーヤ氏がなんと言おうと、ゲンナジーはカネロとファイトしたがっている」と話した。

 両者は昨年9月に対戦して、ゴロフキンが勝っていたとの声が多いドロー決着。このときの報酬はゴロフキンが王者ながら30、人気の高いカネロが70だった。これを受けて5月にリマッチがセットされ、このときは65-35の割合だったと伝えられる。

 しかし、カネロのドーピング違反が発覚し、仕切り直しとなった9月の再戦に向けては60-40で交渉が進められたという。新たに提示した55-45で試合が実現するかは不透明ながら、交渉窓口であるGBPのエリク・ゴメス氏は「トムとは少し話をした。この件についてオスカーに伝え、それからカネロも交えて話し合うだろう」とコメントしている。



Page 9 of 2,2037891011