日本語

L O A D I N G

2023年2月9日 木曜日

那須川天心プロテスト合格 日本1位の南出仁相手にデモンストレーション 4月デビュー戦

 人気格闘家からボクシングに転向した那須川天心(24=帝拳)が9日、後楽園ホールでB級プロテストを受験。即日合格が発表され、4月のプロデビュー戦を目指すことになった。  格闘技のスター選手の新たな門出とあって、ホールにはテレビカメラ8台、100人迫るメディアが駆けつけた。カメラのフラッシュを浴び続け... 続きを読む

2023年2月9日 木曜日

ゴロフキンがIBFミドル級王座返上 今後のプランは未定

 WBAスーパー&IBFミドル級王座を保持するゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン=写真)がIBF王座を返上する。ESPNが報じた。  ESPNによると40歳のゴロフキンは現役続行の意思はあるものの、次の試合の計画についてまだ決断できていないとのこと。IBFからは指名挑戦者エスキバ・ファルカ... 続きを読む

2023年2月8日 水曜日

女子年間MVPはWBO・S・フライ級王者の晝田瑞希 年間最高試合賞とダブル受賞

 東西のメディアが選ぶ2022年の年間表彰選手女子部門ではWBO女子S・フライ級チャンピオンの晝田瑞希(三迫)が最優秀選手賞を初受賞した。世界タイトルを獲得した谷川佳菜子(ワタナベ)との王座決定戦は年間最高試合に選ばれた。  元トップアマから21年10月にプロデビューした晝田は22年12月、プロ4戦... 続きを読む

2023年2月8日 水曜日

年間最高試合はミドル級統一戦 村田諒太vs.ゴロフキン 努力・敢闘賞は阿部麗也 武居由樹が新鋭賞

 8日選考、発表の年間アワードには4月にさいたまスーパーアリーナで開催されたミドル級王座統一戦、WBA王者村田諒太(帝拳)とIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の試合が選ばれた。  年間最高試合はほかにバンタム級3団体統一戦、井上尚弥vs.ノニト・ドネア2、L・フライ級2団体統一日本人対... 続きを読む

2023年2月8日 水曜日

2022年MVPは井上尚弥 史上最多の6度目受賞 技能賞は寺地拳四朗、殊勲賞は中谷潤人

 2022年の年間表彰選手が8日決まり、最優秀選手賞にはバンタム級で史上初の4団体統一を成し遂げた井上尚弥(大橋)が選ばれた。井上のMVP受賞は5年連続6度目。6度目の受賞は日本人初の世界王者の白井義男氏、V13王者の具志堅用高氏を抜いて歴代最多記録となった。井上は3年連続6度目のKO賞も受賞した。... 続きを読む

News

ニュース一覧

ニュース

亀田大毅がデンガオセーン挑戦へ

 WBAフライ級11位・亀田大毅(亀田)が10月6日大阪市中央体育館で同級王者デンガオセーン・カオウィチット(タイ)に挑戦することが10日発表になった。  都内で行われた会見で五十嵐会長は今回の経緯を「諸々の条件の中、タイ側と合意したのが10月6日、大毅だった。WBAの承認も下りた」と語った。 内藤挑戦以来2度目の世界挑戦となる亀田は「いろんなこと試したい。 ... 続きを読む

2009年8月10日 月曜日

ニュース

元王者ラリオスが引退発表

 日本のリングにも何度も上がった元WBC世界スーパー・バンタム級&フェザー級王者オスカル“チョロロ”ラリオス(メキシコ、32歳)が現役引退を発表した。 ラリオスは8日(現地時間)地元メキシコ・ハリスコ州サポパンで行われた興行で、リング上から引退の胸中を明かした。「ボクシングは私に多くの満足を与えてくれた。ファンのみなさん、関係者、マスコミのサポートに心から感 ... 続きを読む

2009年8月9日 日曜日

ニュース

石田-アベンダーニョで”暫定戦” 8月30日大阪

 金沢ジムの金沢英雄会長は8日、WBA世界スーパーウエルター級4位・石田順裕(金沢)が今月30日大阪府立体育会館第1競技場で世界初挑戦すると発表した。WBA世界同級5位マルコ・アベンダーニョ(ベネズエラ)との暫定王座決定戦。 1カ月の米ロサンゼルス合宿を打ち上げて帰国した石田は「決まったと聞いてうれしかった。前回が地元判定との声もあったのでスッキリ勝ちたい」 ... 続きを読む

2009年8月9日 日曜日

ニュース

亀田和毅がTKO勝ち 

亀田三男9連勝--6日(現地時間)メキシコシティでプロ9戦目に臨んだ亀田家の三男和毅(亀田)は、バンタム級6回戦でマルコ・アントニオ・チャブレ(メキシコ)に4回43 秒TKO勝ちを飾り、プロ転向以来無傷の9連勝8KOをマークした。 亀田ジムに入った連絡によると、この日和毅は4勝不敗のルイス・モラレスと対戦するはずだったが、当人が計量に現れなかったため、同じマ ... 続きを読む

2009年8月9日 日曜日

ニュース

後楽園ホールでU-15全国大会開催

9日後楽園ホールで第2回U-15ボクシング全国大会が開催。小中学生43組と、シャドー大会に出場した4歳から11歳のキッズ20名が日頃の練習の成果を競った。  試合後各カテゴリーの表彰が行なわれ、小学生の部優秀選手に原虎徹(埼玉・越谷市)、丸田陽七太(兵庫・川西市)、谷田瞳磨(兵庫・姫路市)の三選手が選ばれた。  中学生の部の優秀選手は、福井勝也(東京・世田谷 ... 続きを読む

2009年8月9日 日曜日

ニュース

横浜で全国キッズ大会開催

 8日、横浜・赤レンガ倉庫一号館ホールで、第9回全国ちびっ子ボクシング大会が開催された。  午前11時から、小学生の部23試合、中学生の部14試合が行なわれ、小学生の部MVPに松本圭佑(神奈川・横浜市)が選ばれた。松本選手は元日本&東洋フェザー級王者で現在大橋ジムでチーフ・コーチを勤める松本好二氏の子息。技能賞は小堀陽介選手(神奈川・横浜市)が、敢闘賞は北川 ... 続きを読む

2009年8月8日 土曜日

ニュース

バス事故のアルボレタ選手死亡

 乗車していたバスの事故で危篤状態になっていたパナマの強豪ボクサー、ホセ・アルボレタ選手(29歳)が現地時間の7日午前4時、収容されていた病院で息を引き取った。 同選手には外科手術が行われたが、肺や肝臓などから多量の出血があり、事故の5人目の犠牲者となった。他の乗客も30人以上が重軽傷を負っているという。 今年2月、東京で下田昭文(帝拳)と対戦したアルボレタ ... 続きを読む

2009年8月8日 土曜日

ニュース

下田と戦ったアルボレタが交通事故で重傷

 パナマからのニュースで同国の強豪ボクサー、ホセ・アルボレタが交通事故に巻き込まれて重傷を負い、生死の境をさまよっていることが伝えられている。  アルボレタ(29歳)は6日朝(現地時間)パナマ市でバスに乗って練習に向かう途中、バスが転倒。すでに乗車していた客4人の死亡が確認されており、負傷者が多数出ているという。アルボレタも深刻な怪我を負っており、最寄りの病 ... 続きを読む

2009年8月7日 金曜日

ニュース

後楽園の東日本新人王準々決勝結果-4日

左が勝者L・フライ級金田聖博(ドリーム)判定 山口隼人(湘南RYUJU)S・バンタム級杉原孝二(セレス)判定 高橋謙太(協栄)ライト級ジェームス村重(KG大和)不戦 山崎将也(協栄)小林和優(湘南RYUJU)判定 笠井暢也(協栄)S・ライト級下田知宏(大橋)KO2回 山田智也(協栄)ウェルター級新藤寛之(宮田)判定 座間カイ(金子)伊藤修平(ドリーム)不戦  ... 続きを読む

2009年8月4日 火曜日

ニュース

3日、後楽園の東日本新人王準々決勝の結果

※左が勝者ミニマム級鈴木 翔(角海老宝石)判定 伊藤史耶(M.T)L・フライ級前田健太(角海老宝石)判定 元木謙太(レパード玉熊)小俣達也(新田)判定 濱岡直矢(山龍)バンタム級中島聖規(マナベ)KO1回 岡本直也(東拳)S・バンタム級長井一(ワタナベ)TKO1回 星野裕匡(ヨネクラ)フェザー級沼田純一(石神井S)判定 ディエゴ瀬良垣(角海老宝石)ライト級今 ... 続きを読む

2009年8月3日 月曜日

ニュース

初の兄弟同時優勝 インターハイ岡山の藤田兄弟

 第63回インターハイ決勝は3日、奈良県の平群町総合スポーツセンター体育館で行われ、2009年の高校チャンピオンが決まった。 今年はモスキート級井上尚弥(神奈川・新磯)、バンタム級藤田健児(岡山・倉敷)と1年生王者が2人も誕生。両選手ともキッズ・ボクシングから活躍した選手で、ここ数年高まるちびっこボクシング熱の成果をうかがわせた。 また藤田は兄の大和もフェザ ... 続きを読む

2009年8月3日 月曜日

ニュース

亀田興毅次戦発表-9.5ディファ有明

 WBA世界フライ級1位亀田興毅の次戦が発表となった。2階級制覇へマジック1~世界前哨戦~と銘打たれた10回戦は、元NABF北米L・フライ級王者ウンベルト・プール(メキシコ)をディファ有明に迎える。  今年3月以来半年振りのリングとなる亀田は、「この半年、試合が決まったり流れたりしてしんどい時期もあったが、これにいい勝ち方して次、世界タイトルマッチいきますわ ... 続きを読む

2009年8月3日 月曜日

ニュース

佐藤の後継王者に鈴木 東洋ミドル級戦

 2日夜、大阪市IMPホールで行われたOPBFミドル級タイトル決定戦は日本同級チャンピオンで2位の鈴木哲也(進光)が3位・呉必勝(韓国)に8回終了TKO勝ち。晴れて2冠王者となった。 この王座は佐藤幸治(帝拳)が世界挑戦のため返上し空位となっていたもの。サウスポーの鈴木はタフな呉相手にインファイトを選択。ブロッキングとボディーワークで相手のパンチを外し、左ス ... 続きを読む

2009年8月3日 月曜日

ニュース

松元が水本に判定勝ち 東洋ミドル級戦前座

 2日、大阪市のOPBFミドル級戦セミに出場した日本S・ウェルター級12位松元慎介(進光)は井岡ジムの水本昌寛に10回2-0判定勝ちした。  終盤は疲れものぞいた松元だが、水本のプレスをさばきつつ右、左フックをカウンターしてポイントをピックアップした。スコアは100-92、97-96、96-96とばらつきがあった。  また昨年の全日本S・フェザー級新人王、吉 ... 続きを読む

2009年8月3日 月曜日

ニュース

加治木、2回で倒す

 2日、大阪市IMPホールの1部メイン8回戦では加治木了太(日本ライト級12位=大鵬)が元ランカーの小林克也(正拳)に2回2分5秒TKO勝ち。  2回、プレッシャーを強めた加治木は小林のパンチをブロッキングでしのぐと、リターンの右で痛烈なダウンをマーク。立ち上がった相手を左フックでぐらつかせてストップした。14勝8KO4敗。  セミの川波武士(大鵬)-山崎晃 ... 続きを読む

2009年8月3日 月曜日

11071~11080/16874件