July
22
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

32°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 7.25ラミレス挑戦の清水聡 アマ10冠のホープ藤田健児とスパー「国内で一番いい」

7.25ラミレス挑戦の清水聡 アマ10冠のホープ藤田健児とスパー「国内で一番いい」

2023年6月21日 23時54分

 7月25日の有明アリーナで井上尚弥(大橋)とともにダブル世界タイトルマッチに挑むロンドン五輪銅メダリストの清水聡(大橋)が21日、横浜市内のジムで“仮想ラミレス”の藤田健児(帝拳)と5ラウンドのスパーリングを行った。大橋ジムから情報が届いた。

スパーリングをした清水(左)と藤田

 藤田はアマチュアで153勝21敗の戦績を残し、10のタイトルを獲得した元トップアマ。オリンピック2大会連続金メダリストのラミレスに挑む清水は「健児は足を使ってスピードもある。ロングもうまいのでラミレス対策には国内で1番いいんじゃないですか。できれば今後も継続してお願いしたいですね」とアマの後輩でもある藤田とのスパーリングを大歓迎した。

 24日にも藤田とのスパーリングが決定。清水は「調整はまだ完璧ではないですけど、良くなりました。日によって感覚的に良い時と悪い時があるので。あとは左ストレートがうまく回転できるように調整できれば」とのコメントを発し、さらに調子を上げていこうとしている。写真=大橋ジム提供

Related article
関連記事